DJ Khaled、EDCフェスでの彼のステージは意図的に台無しにされたと主張

先週末、ラスベガスで3日間に渡り開催されたダンスミュージックフェス『EDC』。アルバムリリースも控え、現在人気急上昇中のDJ Khaledも出演したのだが、予想外なことに彼のステージは観客からの大ブーイングを浴びることになってしまった。原因は機材トラブルにより音が途切れたり、セット自体を短くすることになってしまったこと。これに対してDJ Khaledは今回の機材トラブルはEDC側の人たちのミスであると主張した。

DJ KhaledはInstagramに観客が彼の名前をコールする動画とともに「出演時間を削られ、バックステージで1時間半も待たされた上に、音は何度も壊れて途切れた。しかしファンの声が聞こえたからステージに上がった。プロモーターもサウンドマンも仕事を全うしてくれないがファンのために俺はいる」と投稿。

さらに続けて彼はもうひとつInstagramに投稿。「奴らが何度も俺のサウンドを妨害した。”奴ら”はちゃんとセットのために音を出してくれず、俺は無音の中ステージに立たされた。やっと音が出るようになったら、セットを短くしろと言う」と怒りをあらわにした。しかし続けて「カルフォルニアとラスベガスのファンがここにいる」と、それでも見ていてくれたファンに感謝の言葉を述べ、"Calfornia Love"を観客の前でプレイする動画を投稿した。

残念ながら、ラスベガスはカリフォルニアではなくネバダ州なので、このメッセージは少し的外れであるとファンに指摘されている。

こちらはファンが投稿したDJ Khaledのステージに向かってブーイングが飛び交う映像

この日はEDCフェスの最終日であり、他にもYellow Claw、Flux Pavilion、Marshmello、 Metro Boomin、Paul Oakenfoldなども出演した。他の出演者のステージでは機材トラブルは起こらなかったので、DJ Khaledが故意的に音を止められたと訴えたくなるのも分かるが、EDC側はまだ今回のDJ Khaledのステージについてオフィシャルなコメントをしていない(小林一真)

RELATED

DJ Khaledが息子のAsahd君と一緒にエクササイズ

DJ Khaledといえばアルバムや曲のジャケットに使ってしまうほど、息子のAsahdくんを溺愛していることで有名だ。

DJ Khaledが自分の作品に参加しているアーティスト同士のディスに気づかないこともあると認める

DJ Khaledのニューアルバム『Grateful』には多くのビッグアーティストが参加している。というより彼のこれまでの作品に参加したアーティストはほぼ有名アーティストばかりである。そして中にはDrakeとJAY-Zのように、同じKhaledの作品に参加していながら、微妙な関係性のアーティストも存在する。

DJ Khaledが唯一フィーチャリングをしてもらえないラッパーは?

DJ Khaledは、ほぼ存在する全てのラッパーと共演したと思えるほどの多くのラッパーが彼の曲中で歌っているが、まだ一人コラボレーションできていない大物がいる。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。