アントワン・ダガタの写真展『Corpus』がMEMで開催

フランスの写真家で映画監督のアントワン・ダガタの個展『Corpus』が東京・恵比寿のMEMで開催される。

ダガタは1961年にフランスのマルセイユで生まれ、83年にフランスを離れ、10年間ヨーロッパ、中米、アメリカなど世界各地を放浪。

1990年にニューヨークのICP(国際写真センター)でラリー・クラークやナン・ゴールディンから写真を学ぶ。さらにマグナムのニューヨークオフィスにて久保田博二らのアシスタントとして働き、93年にフランスに帰国する。

帰国後は生活のために写真から離れるが、その後活動を再開し、取材のほか、写真展の開催や多数写真集を出版している。2001年に2冊目の写真集『Hometown』を出版し、フランスで最も権威のある写真賞のニエプス賞を獲得した。

2004年には最初の映像作品『El Cielo del Muerto』を制作し、この時の体験が東京で撮影した長編作品『Aka Ana』(2006)へと繋がっていく。同年、『Insomnia』(不眠症)で第20回東川賞・海外作家賞を受賞。2004年マグナムに参加。2008年より正会員。

2005年以降は出版と併せて展覧会も開催し、2012年デン・ハーグ写真美術館(オランダ)、2013年ル・バル(パリ)、MuCEM(マルセイユ)、Forma(ミラノ)などで発表している。2013年アルル国際写真祭で『Anticorps』が写真集賞受賞、日本語版「抗体」(AKAAKA)も出版される。

今回の展覧会のタイトル『Corpus』は、ある情報(とくに言語資料)が集積された総体の情報を差す。

Corpse
映画『ATLAS』より image from the film “ATLAS” ©Antoine d’Agata, courtesy MEM, Tokyo

本展覧会では、ダガタが監督した三作目の映画『ATLAS (アトラス)』の上映を中心に関連の写真作品と、作家のいままでの自画像を集めた100点の小さいプリントによるインスタレーションで会場を構成する。

Info

アントワン・ダガタ展 『Corpus』

会期:2017年7月15日(土) - 8月13日(日)
会場:MEM
住所:150-0013東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 3F

営業時間:12:00-20:00
定休日:月曜休廊 [月曜祝日の場合は営業し、翌日休廊]
電話:03-6459-3205
URL:http://www.mem-inc.jp

[関連映画上映会]
アントワン・ダガタ監督映画『ATLAS』(2013) 会期中週末土日に上映を予定
**詳細ウエブサイトにて後日発表

 

RELATED

【プレゼント】バスキア誕生の秘密に迫る映画『バスキア、10代最後のとき』の試写会に5組10名様をご招待

NYのストリートから時代の寵児とったNYの伝説的アーティストジャン・ミシェル=バスキアが、名声を得る前に焦点を当てている映画『バスキア、10代最後のとき』が、12/22(土)からYEBISU GARDEN CINEMAなどで公開される。

ヨーロッパのアンダーグラウンド・レイヴシーンを撮影したMolly Macindoeの写真集販売を記念したサイン会を開催

東京・原宿のブックストアBOOKMARCで、ヨーロッパのアンダーグラウンド・レイヴシーンを撮影してきた写真家のMolly Macindoeが、10/15(木)に来日し写真集販売を記念したサイン会を行う。

Thom Yorkeがサントラを制作し話題の『サスペリア』のティザームービーが解禁

『君の名前で僕を呼んで』で映画ファンを魅了したルカ・グァダニーノ監督による伝説の傑作ホラーを再構築した『サスペリア』が、来年1月に全国ロードショーされるのを控えて、ティザー予告と場面写真が解禁となった。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。