Radioheadが『Kid A』にDr. Dreを参加させたかったと語る

Radioheadは先日名作『OK Computer』に収録される予定だった未発表曲"I Promise"をついに公開、大きな話題を呼んでいるがヒップホップ好きも反応してしまう、別のビッグニュースが飛び込んできた。

RadioheadのギタリストEd O’Brienが先日Rollingstoneのインタビューに登場、2000年にリリースされた4枚目のアルバム『Kid A』に、なんとDr. Dreを参加させたかったのだという。

Dreと一緒に仕事をするのは「夢の一種だね」と話すO’Brienは、「それはすぐに却下されるべきか、笑い飛ばされるべきアイディアだった。しかし自分の頭の中ではとてもパーフェクトだと思えた」とも言っている。

しかし「Dreにロックバンドが扱えるのか、誰が知っているんだ?」という疑問は最後までぬぐいきれず、結局Dre側に打診することもなく、この夢のコラボ話はボツになってしまったという。

Dreが1999年にリリースしたアルバム『2001』でみせたようなミニマルなサウンドとRadioheadの相性は悪くはなさそうだっただけにDreがプロデュースを行った『Kid A』も聴いてみたかった。

 

 

RELATED

Eminemが初めてDr.Dreと出会った時のことをラジオで語る

LL Cool Jのラジオ番組『Rock The Bells』に登場したEminem。『Slim Shady EP』リリース後の、人生の転機となったDr.Dreとの初めての出会いを語った。

Scott StorchがDr. Dreの『Detox』はリリースされると述べる

現在薬物中毒からの再起を目指しているベテランプロデューサーのScott Storchが、ラジオ番組に出演し共作を行っているDr. Dreの『Detox』がリリースされる予定であることを明かした。

2Pacが未公開の遺稿でDr. DreやJay-Z、Mobb Deepなどに対し痛烈なディス

死後20年以上が経過しても、強い影響力を発揮し続けているレジェンド2Pac。最近では若手ラッパーのLil Xanが2Pacの曲を退屈と評したことで、多くの批判を浴び最終的にLil Xanはライブで"California Love"をプレイし、2Pacにオマージュを捧げる羽目になった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。