ECDの2000年代以降の作品をまとめたベスト盤『21世紀のECD』が7/19にリリース

日本のヒップホップ黎明期より活動を続け、現在も第一線に立ち続けるラッパーのECDが、2000年代以降の参加楽曲をまとめたベスト盤『21世紀のECD』が7/19にリリースされる。

90年代にはさんピンCAMPのプロデューサーをつとめ、数々のクラシックを送り出したECDは、2003年の『失点 in the Park』以降は、自主制作で精力的なリリースを続けている。2015年には16枚目となる現時点での最新作『Three wise monkeys』をリリース。

今回のベスト盤『21世紀のECD』は2000年代、2010年代を区切りに2枚組で構成。リリース作品・客演作品から、ECD自身が完全監修で選曲を行っている。最終的なトラックリストとジャケットも公開された。

「今聴いても古さを感じさせない」それは最高の褒め言葉だ。
しかし僕は前作を古いものにするために新作を作り続けてきた。
つまり、この「21世紀のECD」と題されたベスト盤のようなものはいわばECDの地層である。
収録されている曲のひとつひとつは化石だ。ECDの化石を聴いてくれ。
―――― ECD

 

Info

ECD

ECD - 『21世紀のECD』

2017/7/19 Release
1. DIAL Q-EST - TSUTCHIE feat. ECD (From 『THANKS FOR LISTENING』)
2. Freeze Dry (From 『失点 in the park』)
3. DJ は期待を裏切らない (From 『失点 in the park』)
4. MIZO (From 『FINAL JUNKY』)
5. 東京を戦場に (From 『FINAL JUNKY』)
6. CD (From 『FINAL JUNKY』)
7. A.C.I.D (From 『Crystal Voyager』)
8. E.C.D (From 『Crystal Voyager』)
9. セシオン - U.G.MAN with ECD (From 『SOME SECRET』)
10. FINAL JUNKY のテーマ (From 『FUN CLUB』)
11. In The Place To Be (From 『FUN CLUB』)
12. BORN TO スルー (From 『天国よりマシなパンの耳』)
13. 天国ROCK (From 『天国よりマシなパンの耳』)
14. Keep On and GO - マイクアキラ feat. ECD (From 『THE RAP IDOL』)
15. 火星呆景 – O2 feat. ECD (From 『STAY TRUE』)
1. How's My Rapping?  (From 『TEN YEARS AFTER』)
2. Time Slip (From 『TEN YEARS AFTER』)
3. Sight Seeing (From 『Don't worry be daddy』)
4. 想定外 - MINT&ECD (From 『BLACK SWAN』)
5. ラップごっこはこれでおしまい - soakubeats feat. ECD (From 『Never Pay 4 Music』)
6. 憧れのニューエラ (Extended 12' Version) (From 『憧れのニューエラ / ラップごっこはこれでおしまい』)
7. トニー・モンタナ (KM Remix)(EXCLUSIVE)
8. Trouble Makker - RIKKI feat. ECD (From 『BLACKGATE』)
9. Lucky Man (for Fans & Relativities REMIX) (EXCLUSIVE)
10. ただの直感 - GEBO feat. ECD (From 『IT'S A NEW DAY』)
11. 2030 - S/ & ECD (From 『T.R.E.A.M. presents ~田中面舞踏会サウンドトラック~ 「LIFE
LOVES THE DISTANCE」』)
※正式表記は「S」の上にスラッシュ
12. ECDECADE (From 『TEN YEARS AFTER』)

RELATED

故ECDのドキュメンタリーがNHK Eテレで放送 | 「個」として生きた人生に迫る

今年1月に57歳でその生涯を閉じたラッパーのECDのドキュメンタリー番組がNHK Eテレで10/14(日)午前5時から放送される。

STRUGGLE FOR PRIDEが12年ぶりの2ndアルバム『WE STRUGGLE FOR ALL OUR PRIDE.』を2枚組BOX仕様でリリースへ

2016年より活動を再開した日本を代表するハードコアパンクバンドSTRUGGLE FOR PRIDEが、12年ぶりとなるセカンド・アルバム 『WE STRUGGLE FOR ALL OUR PRIDE.』を5月にリリースすると発表した。

ミュージック・マガジン4月号でECD追悼特集 | tofubeatsや田我流、粗悪ビーツ、加藤ミリヤなどがECDの1曲を選ぶ企画も

ミュージック・マガジンが最新刊の4月号で、1月に逝去したラッパーのECDの追悼特集を行っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。