Young Thugがいびきにあわせて即席ビートメイク

MUSIC  2017.06.07  FNMNL編集部

ラッパーは一度スタジオに入ると長時間こもりっきりになることは、良くあることだ。レコーディングでハイになったラッパー自身は、気にしないだろうが、周りにいる人間は、長時間の作業になると集中力が切れてしまうのも仕方がない。時には寝てしまうこともあるだろう。しかしアーティストにとってはそれも曲作りのチャンスという時も..

新作『E.B.B.T.G』をリリース間近と言われているラッパーのYoung Thugが、先日プロデューサーのWheezyとスタジオに入っていたときに、Wheezyは寝てしまい、いびきをかき始めてしまった。

そのいびきが規則的なものだったことから、Young Thugはビートを作るぜと言い、Wheezyのいびきにメロディーを即席であわせ始めた。そして最後にはそのビートにあわせフックのようなものも歌い出している。

E.B.B.T.G!! @wheezyx5

""JEFFERY""さん(@thuggerthugger1)がシェアした投稿 -

本当にこのいびきが元になった曲が、そのうち作られるかもしれない。その場合プロデューサーはWheezyになるのだろうか?その日を楽しみに待ちたい。

MUSIC

FASHION

CULTURE