寺尾紗穂の新作から大森克己が制作した"たよりないもののために"のミュージックビデオ

シンガーソングライターの​​寺尾紗穂が6/21にリリースするニューアルバム『たよりないもののために』からタイトル曲のミュージックビデオが公開された。

ミュージックビデオは、写真家の大森克己が手がけたはじめての映像作品で、玉田伸太郎が編集を担当。日常の景色の中に、ふと「目に見えぬもの」の存在を感じさせるような静謐な世界観が表現されている。楽曲にはギターとボーカルでマヒトゥ・ザ・ピーポーが参加している。

最新作のカヴァー・アートと最新アーティスト写真も同時公開!​アルバム・カヴァーの写真、アーティスト写真ともに大森克己の撮影によるもので、アルバムのデザイン/アートワークは山野英之が担当した。

『たよりないもののために』は蓮沼執太、柴田聡子、松井一平などのゲストアーティストも参加、新しい寺尾紗穂の世界を作っている。

Info

寺尾紗穂

寺尾紗穂/たよりないもののために
PCD-28039 定価:​¥2,800+税
Release Date: 2017.06.21

TRACKLIST
1. 幼い二人
2. 雲は夏
3. 新秋名果
4. 孤独な惑星
5. クストフ
6. 柿の歌
7. 紅い海
8. 私の怪物
9. 九年
10. たよりないもののために

参加ミュージシャン(登場順):伊賀 航、あだち麗三郎、Linn Mori、蓮沼執太、ゴンドウトモヒコ、千葉広樹、池田若菜、橋本 歩、柴田聡子、マヒトゥ・ザ・ピーポー、吉野友加、松井一平

www.sahoterao.com

RELATED

音楽家・寺尾紗穂のエッセイ集『彗星の孤独』が刊行

2007年にリリースしたピアノ弾き語りによるアルバム『御身』が話題となり以降ソロ作をリリースしつつ、伊賀航、あだち麗三郎と結成したバンド冬にわかれてや坂口恭平バンドにも参加してきた音楽家の寺尾紗穂。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。