40年分のヒップホップのヒットチューン150曲以上を、4分間にまとめたムービー『40 YEARS OF HIP HOP』

70年代からスタートし、40年以上の歴史を持つヒップホップカルチャー。時代と共にサウンドやファッションも移り変わっているが、その言葉自体は受け継がれ続けている。

これまでも多くのマッシュアップやリミックスでリスナーを楽しませてきたユニットThe Hood Internetが、ヒップホップカルチャー40年の歴史が生んだヒットチューン150曲以上を、4分にまとめた動画をアップした。

『40 YEARS OF HIP HOP』と題されたこのムービーは、Grandmaster Flash & The Furious Five、2 Pac、Eminem、Three 6 Mafia、Chance The Rapperなど時代も地域もバラバラな100組以上のアーティストのヒット曲を、スムースにメガミックスしたムービーである。

全く時代の違う楽曲たちが、ナチュラルにミックスされるように聴こえるのは、さすがマッシュアップ職人としてならしたThe Hood Internetだからこそだといえる。

あなたは4分間でプレイされる150曲のうちどれくらいがわかるだろうか?もちろんプレイされていない名曲も膨大にあるが、うるさいことは言わずに一度見て欲しい。

 

RELATED

銀座のストリートフェスティバル『GL』が今年も開催

銀座の街に点在する個性的なバーやレストランで、HIPHOPからJAZZ、REGGAE、HOUSE、ROCKそして歌謡曲まで、豪華出演者たちの最高のパフォーマンス堪能できるフェスティバル「GL」が11月17日(土)に開催する。

タイの軍事独裁政権を批判するラップチューンのミュージックビデオが大きな話題に

Studio Voiceのアジアの音楽シーンを特集した最新号でも大きくフィーチャーされるなど、盛り上がりをみせているタイのラップシーンから飛び出した1曲のミュージックビデオが大きな話題となっている。

7~9月の全米シングルチャートで10位内に入った曲の90%以上がヒップホップの影響にある曲と判明

アメリカの音楽業界の動向を調査しているサイトHit Song Deconstructedが、今年の7~9月期の、最新のトレンド傾向を発表した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。