韓国の注目ラッパーSik-KのEP『H.A.L.F』からCrushをフィーチャーした"party(SHUT DOWN)"のミュージックビデオ

韓国のトップアーティストJay Parkが新たに設立したレーベルH1GHR MUSICから、注目の新鋭ラッパーSik-KがCrushをフィーチャーした"party(SHUT DOWN)"のミュージックビデオを公開した。

"party(SHUT DOWN)"はSik-Kの新作EP『H.A.L.F』に収録されている。『H.A.L.F』には他にSimon DominicやThe Quiett、DPR Liveなどが参加している。

同曲はSik-KのコレクティブYELOWS MOBに所属している、トラックメイカーGroovyRoomが手がけており、ギターのカッティングが印象的なメロウなトラックにSik-Kのダイナミックでスケールの大きいフロウがはまっている1曲に。

EP『H.A.L.F』は、明日5/6にiTunesなどでリリースされる。

RELATED

H1GHR Musicのレーベルショーケースが開催 | Sik-K、Woodie Gochild、HAONが出演

Jay ParkとCha Cha Maloneが設立したレーベルH1GHR Musicが、日本初のレーベルショーケースを11/23(金・祝)に東京・渋谷WWWで開催する。

【特集】starRoからSik-Kに"HANG OVER"についての10の質問

starRoがKID FRESINOと鋼田テフロンをフィーチャーしたシングル"HANG OVER"。この楽曲に新たにSik-KとROMderfulが加わったリミックスバージョンが、本日リリースされた。

starRoの"HANG OVER"に新たにSik-KとROMderfulが参加したリミックスのミュージックビデオが公開

starRoがKID FRESINOと鋼田テフロンをフィーチャーした話題のシングル"HANG OVER"。エクレクティックなテイストが話題となった同曲に新たに韓国のトップラッパーのSik-Kと、Soulectionに所属するROMderfulが参加したリミックスバージョンのミュージックビデオが公開された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。