由来はEminemのヒット曲 | "Stan"がオックスフォード英語辞典入りを果たす

Eminemが2000年にリリースしたヒット曲"Stan"はEminemの熱狂的なファンであるStanという人物が、Eminemに手紙を送るという設定で書かれたものだ。

Stanはストーカー気質で、曲の中ではEminemを思うあまりに自殺をしてしまうほどの狂信者として描かれており、曲から派生してストーカー気質のファンはStanと呼ばれるようになった。

そしてこの度由緒あるオックスフォード英語辞典に、Stanが「特定のセレブに対し、熱心すぎるもしくは偏執的なファン」という意味の単語として登録されると発表された。

楽曲のイメージから悪い意味で使われやすいStanだが、特定のアーティストの熱狂的なファンであると主張する場合にも使用されることもある。

オックスフォード英語辞典には、最近も「biatch」や「squad goals」などヒップホップシーンで用いられていたスラングが、正式な言葉として登録されている

RELATED

Beastie BoysのAd-RockとMike DがEminemのニューアルバム『Kamikaze』のアートワークについて語る

先月末にリリースされてからというもの、数多くの若手ラッパーへのディスなど話題の尽きないEminemのニューアルバム『Kamikaze』。

Eminemが最新作『Kamikaze』でTyler, the Creatorをディスする際に差別用語を用いたことを謝罪

先月8月31日にサプライズリリースされたEminemの最新作『Kamikaze』。Lil Yachty、Lil Pump、Drake、Migos、Machine Gun Kellyなど様々な若手ラッパーへのディスを行なった同作は賛否両論となり大きな話題を呼んだ。

全米オープンで初優勝を成し遂げた大坂なおみが大会中にNicki MinajとEminemを聴いていたと明かす

テニスの全米オープンで初優勝を成し遂げた大坂なおみ選手。ハイチ系アメリカ人の父と日本人の母を持つ大坂は日本に初のグランドスラムシングルス優勝をもたらした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。