地下鉄の遅延で卒業式に出席できなかった大学生に、電車の乗客がサプライズ卒業式を敢行

CULTURE  2017.06.01  FNMNL編集部

例えば入学試験や、就活の面接など人生の重要な岐路で電車などの交通機関の遅延で行けなくなったという経験がある人もいるかもしれない。しっかり準備したのに外的要因で出席できなかったとなると、ショックもひとしおかもしれないが、時にはそれが思いもよらぬサプライズを生むこともあるのだ。

NY市立大学ハンター校の大学生Jerich Marco Alcantaraは、自身の卒業式に向かうため地下鉄に乗っていたが、そんな時に限って地下鉄が大幅な遅延をしてしまい卒業式に出席できなかった。ハンター校では午前と午後の2回卒業式が行われたが、Alcantaraは午前中の回に友人や家族を呼んでいたため絶対に午前中の会に出席したかったのだという。

電車に乗ったまま、卒業式の時間が経過していくの待つしかなかったAlcantara のために、地下鉄に同乗していた乗客たちが、なんと車内で卒業式を敢行。

その模様が上の動画だ。Facebookですでに150万回以上再生されている、この動画ではアメリカの卒業式ソングの定番であるGreen Dayの"Good Riddance(Time Of Your Life)"がプレイされ、Alcantaraはセレモニーも行い、見守っていた乗客たちと暖かいハグを交わしている。

実際の卒業式を逃してしまったAlcantaraは「卒業式は逃したけど、空っぽの講堂で友達だけが残って卒業を祝ってくれたよ」とNY Magazineの取材に対して答えている。乗客からのサプライズ卒業式と友人たちからのボーナス卒業式。Alcantaraは最も幸運な卒業生かもしれない。

MUSIC

FASHION

CULTURE