Nasがトランプ大統領を痛烈に批判「おれたちはレイシストが執務室にいるのを知っている」

Nasが自身も運営に携わっているメディアMass Apealにトランプ大統領を痛烈に批判する文章を発表した

Nasは「おれたちはレイシストが大統領執務室にいるのを知っている」とトランプ大統領のレイシスト的な発言などを批判。「コメディアンはレイシストに見えてもいい。人々もそのレイシスト時代を通り抜けてもいい。しかし大統領という職務にありながら、白人以外の人々に価値がないという強いメッセージを発している」

さらにNasは「自分の作品を通して、それらの問題に取り組んでいく」と話し「トランプが人々に影響を与えたことが、自分にも影響を与えている。おれは何が起こるのかを観察して、起こったことを自分の創作プロセスに組み入れていくよ」とトランプ大統領の時代に作れるかはわからないが、今後の作品にレイシズムの問題を取り込んでいくと明言した。

 

RELATED

Rihannaがトランプ大統領が自身の楽曲を無断で使用したことに対してキレる

先日、Pharrellがトランプ大統領に対し、自身の楽曲“Happy”を演説の際に使用しないよう求めたというニュースがあったが、またしても同じようなことが起きた。

Supremeがトランプ大統領による性的虐待の告発者に捧げるTシャツを発表

SupremeとフォトグラファーのRichard Princeが、トランプ大統領による性的虐待の被害に遭った18人の女性たちをフィーチャーしたTシャツを発表した。

Pharrellがトランプ大統領に対し、演説の際に自身の楽曲"Happy"を使用しないよう求める

アメリカではまもなく中間選挙が行われる。アメリカ国民がトランプ大統領にどのような審判を下すのか世界中の注目が集まっているわけだが、トランプも良い結果を得るために、各地で集会を開き演説を行っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。