UKアフロビーツシーンの今を伝えるコンピレーション『MOVES』

WizkidやMr. Eazi、Ayo Jayなどのスターの登場で注目されているアフロビーツシーン。ナイジェリアなどのアフリカ大陸と同様に、大きな盛り上がりを見せているのがイギリスだ。

元々アフリカからの移民が多かったイギリスで、ダンスホールレゲエやソカ、ラップ、R&Bなど様々な音楽の影響を受けて育ったアフリカ系移民たちが作り上げているのがUKアフロビーツと呼ばれている。

例えば今年デビュー作『Common Sense』をリリースしたJ Husもロンドン出身のだが元はガンビアの移民だ。アルバム『Common Sense』には多種多様なサウンドが詰め込まれている。ヒップホップもあればいわゆるアフロポップ的なサウンドも、そしてグライムの匂いもあるトラックも入っている。では何がUKアフロビーツだと言われたら、そのすべてがUKアフロビーツと隣接するものだ。

マルチカルチュラルなロンドンという街のイメージをそのままパッケージしたクロスオーバーなジャンルこそUKアフロビーツといえるだろう。

そしてそんなUKアフロビーツシーンの今をコンパイルした1枚のコンピレーションがリリースされた。

『MOVES: The Sound Of UK Afrobeats』と題されたこのコンピレーションは、自身もアーティストのAfro BとライターとしてUKアフロビーツシーンをドキュメントしてきた Ian Mcquaidによって様々なタイプのトラックが詰め込まれている。

Afro B自身もFACTのインタビューで、「様々なジャンルから影響を受けた、バラエティーに富んだアフロビーツアーティストを紹介したかった」と述べている。またIan Mcquaidはこうしたコンピレーションを3年前から計画していたと話す。

収録曲はTG Millian, Naira Marley & BLANCOによるスムースな"Money on the Road"や、NSGによるロードラップのスタイルを取り込んだ"We Dey (feat. Kilo Keemzo)"、Afro B本人による多幸感にあふれるアフログルーヴが炸裂するスロージャム"Lover"など全21曲。

これまでのアフリカ音楽という固定概念を崩しながら境界線を広げていく、全21曲をぜひ聴いてみてほしい。

http://www.moves.life

RELATED

ロンドンの人気DJユニットHipsters Don't Danceがセレクトする2016年のアフロビーツ Top10

KazabonとHootie WhoはDJユニットHipsters Don't danceとして、誰もアフロポップ/アフロビーツと現在呼ばれる曲達を知らない頃からDancehallと共に、その音楽を自分達のDJセットに取り入れ、ダンスフロアを揺らしてきただけでなく、クラブミュージックとしてのアフロビ...

アフロビーツ界のホープDavidoが来年リリースの新作でRae Sremmurd、Young Thug、Future、Popcaan、Stromaeらとのコラボ?

アフロビーツ界のホープDavidoは2017年発表予定の自身のアルバムにRae Sremmurd、Young Thug、Migos、Future、Trey Songz、Popcaan(ジャマイカ)、DJ Snake(フランス)、Stromae(フランス)、Giggs(イギリス)らが客演参加していることを明かした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。