Notorious B.I.G.の息子がラッパーとしてデビューへ

今年没後20年を迎えた伝説のラッパーNotorious B.I.G.。今年は実母が監修するドキュメンタリーの製作発表や、永遠のライバル2Pacの伝記映画『All Eyez On Me』も公開される予定となっており、再びBiggieに脚光が集まっている。

そんな折に息子で俳優として活動してきたChristopher Wallace Jr.がラッパーとしてデビューする予定だという。

イギリスのメディアStandardの取材に、本人が答えたところによれば「子供の時から、僕は音楽がやりたかった。それは必然だった」とChristopherは話す。「家族は常に僕の後ろに立ってくれて、僕のやりたいことをサポートしてくれた。そして何をしたらいいか、物事はどのように進んでいくかをアドバイスしてくれた」と家族のバックアップの大きさを語った。

Christopherは異父弟のJahadとラップグループを結成し、現在ファーストアルバムを製作中だという。Biggieの息子であることはプレッシャーだが、「自分の燃料になっていて、アドバンテージだよ」と話すChristopherは、どのような作品を世に送り出してくれるのだろうか?

 

RELATED

ジョニー・デップがNotorious B.I.G.の殺人事件を追う映画『City of Lies』の予告編が公開

以前一度伝えた、ジョニー・デップがLA市警の元刑事で探偵の Russell Poole役となり、ヒップホップ史上最大の未解決事件であるNotorious B.I.G.の殺人事件を追う映画『City of Lies』の予告編が公開となった。

XXXTentacionが自身は2Pacより良いアーティストであり「比較しないでくれ」と語る

物議を醸し続けているXXXTentacionが、またもや話題となりそうな発言を行ってしまった。

The Notorious B.I.G.のドキュメンタリー『Biggie: The Life of Notorious B.I.G』の予告編が公開

死後20年を迎える今も、伝説であり続けているThe Notorious B.I.G.。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。