Chance The RapperがKanye Westがライブのステージから自身を消す方法を模索していたと語る

女性ファッション雑誌のTeen VogueがインタビュアーにJordan Peeleを迎えた、Chance The Rapperのインタビューを公開した。そこではJordanが監督脚本を務めたサスペンス映画『Get Out』やミックステープ『Coloring Book』の製作プロセスやKanyeとのコラボレーションについての逸話などが語られている。

Kanyeとのコラボレーションについて聞かれたChanceはKanyeのクリエイティブなプロセスを明かした。

Chanceは「狂ってるよ。彼はかなりのマルチタスクの人だから」とし、「スタジオを借りたら、彼は部屋で違う曲を作ったり、少しリリックを書いたり、曲を足したり、引いたりする。そして、みんなを一緒の部屋に呼んで、思いついたアイデアを見せるんだ」と語った。

Kanyeのアイディアの中でも一番クレイジーだったことは「ある夜、『レゴムービー』のプロデューサーと手品師を雇ったKanyeはライブ中に自分をステージから消す方法を模索していた」ことだとChanceは振り返る。引田天功ばりのイリュージョンを模索するとは、さすがKanyeらしいアイディアだ。Chanceは「僕はKanyeがその方法がわかったか謎だけどね」としている。Kanyeは実際自分を追い込みすぎて自分をステージから消してしまったのだが。

さらにKanyeのスタジオでは「25%がそういったプロダクションに関してのことだったんだけど、残りの75%はKanyeによる授業だったよ。Kanyeによる授業は彼が世界に対してどんな視点を持っているかってことだった。そんなKanyeの誠実さはみんなの創造性や強い意見を生み出す。それは自分自身を見つけるのに役立つと思う」とChanceは語っている。

 

RELATED

Pharrell WilliamsがKanye Westに「幸福を祈る」と呼びかけ、Kid Cudiを「自分にとって史上最高のラッパー」と絶賛

Complexにて公開されたインタビュー動画で、Pharrell WilliamsがKanye WestやKid Cudiについて語っている。

ジョナ・ヒルがTravis Scottの『Astroworld』を「今年最高のアルバム」と絶賛し、Kanye Westについても語る

90年代のヒップホップカルチャーを題材にとった自伝的映画『Mid 90s』が現在アメリカで公開中の俳優ジョナ・ヒルがGQの“Men of The Year”インタビューに登場。完成した映画やヒップホップなど様々なトピックについて語っている。

Kanye WestとKim Kardashianが、カリフォルニアを襲った山火事から自宅と近所の人々を守るために消防士を雇う

先週発生したカリフォルニア州の山火事は、44名の犠牲者を出すなど同州で過去最悪の被害を記録した。多くのセレブが在住するマリブ地区も被害に遭ったため自宅を失ったミュージシャンや俳優も存在する中、Kanye WestとKim Kardashian夫妻が自宅と近所の人々を守るために消防士を雇っていたことが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。