ceroのシングル『街の報せ』から"ロープウェー"のミュージックビデオ | 12インチも本日リリース

本日5/17(水)に12インチアナログ限定盤がリリースされたceroのサードシングル『街の報せ』から、"ロープウェー"のミュージックビデオが公開された。

ミュージックビデオはモノクロ8mmフィルムで、ロープウェーからの風景など味わい深い光景が写し出されている。監督を務めたのはミツメ、王舟、GotchなどのMVなどを手がけている仲原達彦だ。仲原からのコメントは以下。

この曲を最初に聴いた時になぜか、モノクロームの世界のなかで、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかったので、みなさんに頼み込んで無理を言って作らせてもらいました。

映像のことを考えている時に公開された「街の報せ」のMVもあまりに素晴らしく、「ロープウェー」は、「街の報せ」の世界から、もう少しフォーカスが個人に寄った曲なんだな、という解釈をして、ひとりひとりの大切な(大切だった)場所に連れて行ってもらい、モノクロームの8mmフィルムで撮影しました。

仲原達彦

Info

Info

cero

「街の報せ」(12 inch Singleアナログ盤)
【アナログ盤全4曲収録】
発売日:2017年5月17日
品番:KAKU-081
[収録曲]
SIDE A
街の報せ(Original)
ロープウェー
SIDE B
よきせぬ
街の報せ Rework 黒田卓也

価格¥1800+税
レーベル: KAKUBARHYTHM

【CD盤全3曲収録】
品番: DDCK-1049
価格: ¥1080(税込)税抜価格: ¥1000
発売日: 2016.12.07
レーベル: KAKUBARHYTHM
 
〈収録曲〉 
01. 街の報せ
02. ロープウェー
03. よきせぬ

RELATED

『カクバリズムの冬祭り』が12月に緊急開催 | cero、キセル、思い出野郎Aチーム、Hei Tanakaなど所属バンドが勢揃い

毎年夏の恒例となっているイベント『カクバリズムの夏祭り』の冬編『カクバリズムの冬祭り』が、12/2(日)に東京・恵比寿LIQUIDROOMで緊急開催決定。

フィッシュマンズによる伝説的イベント『闘魂』が20年ぶりに開催 | ceroがラヴコールを受けて対バン相手に

90年代にフィッシュマンズが開催していたライヴイベント『闘魂』が20年ぶりに帰ってくる。97年にはYO-KING、SUPER BUTTER DOG、HONZI、98年にはBuffalo Daughterが出演、99年には東京スカパラダイスオーケストラが登場した。

ceroが2018年を締めくくるワンマンライブを開催

4枚目のアルバム『POLY LIFE MULTI SOUL』をリリースし、ツアーや夏フェスをはじめ、アジアツアーも行い2018年を怒涛の勢いで駆け抜けたcero。1年を総括する待望のワンマンライブが決定した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。