adidas Consortiumと2つの人気スニーカーショップがコラボしたスニーカー

オーストラリアでいま人気急上昇中のショップSneakerboyとアメリカのアトランタを代表するWishが、adidas Consortiumとのコラボモデルをリリースする。

これまで関わりのなかった2つのショップが今回取り組んだのは、新技術プライムニットを使った、PureBOOSTとリニューアルしたClimacool 1。お互いの共通点を見つけ、新しいデザインを作り上げるのがゴールとなったこのプロジェクトで、ブランド戦略とディテールにおいて全く新しい視点をもってニット技術を取り入れることに成功した。

adidas

adidas

Sneakerboyのショップは、すべてオーストラリアの海岸に位置しているので、インスピレーションを求めて海に注目し、世界で最も危険なクラゲ、ハコクラゲに美のヒントを見出した。ハコクラゲはオーストラリア近海が原産のクラゲだが、たまたまWishも、この特殊なクラゲを知っていたことでコラボデザインのプロセスが始まった。

Consortium_SneakerboyXWish_Concept_Shot_3

Consortium_SneakerboyXWish_Concept_Shot_4

Consortium_SneakerboyXWish_Detail_Shot_1

この種を飼育している施設は世界で4ヵ所しかなく、そのうちのひとつがアトランタのジョージア水族館だったのですそれは不思議な巡り合わせとパートナーたちの意外な接点だったのだ。

暗がりで光るPure Boostの最大の特徴はスリーストライプスに施された、透明で粗いゲージのニット。他のプライムニットのモデルでは一度も使われたことのない機能的な特徴です。靴下のような独特の構造に幅の広いレーシングシステムとなっている。

adidas
品番:S80981 サイズ展開:英国サイズ3.5~14.5/米国サイズ4.0~15.0 希望小売価格:160ユーロ/160ドル/135ポンド/230カナダドル

adidas

クラゲに変身したもうひとつのモデルはClimacool。今回は半透明に姿を変え、PureBOOSTと同じく光を放ちプライムニットを採用し、アッパーは幾何学模様となっている。Climacoolのコンセプトを受け継ぎつつモダンにアップデートされたモデルに仕上がった。

adidas
品番:BY3053 サイズ展開:英国サイズ3.5~13.5/米国サイズ4.0~14.0 希望小売価格:150ユーロ/150ドル/125ポンド/215カナダドル

adidas

SneakerboyとWishは、互いに競い合うだけでなく、アディダスにさらなる向上と革新への挑戦を促し、確かな結果としてこの2モデルが誕生した。

 

 

 

RELATED

mindseekerとVANSの最新コラボスニーカーが明日から国内先行抽選販売

今年の『COMPLEXCON』で販売され30分で完売したmindseekerとVANSの最新コラボスニーカー『 Lightning 2nd』の国内での先行抽選販売が明日からスタートする。

Toyamegが描き下ろしたMOONSTARの歴史やクラフトマンシップにフォーカスを当てた展示イベントが開催

145年の歴史をもつMOON􏰂􏰀STARの総合旗艦店『MOON􏰂􏰀STAR􏰃 Factory Ginza』のオープンにあわせ、イラストレーターのToyamegとのコラボによるブランドの歴史やクラフトマンシップにフォーカスを当てたアートイベントを11/19(月)から開催する。

AdidasのCEOが「Yeezyの売上が落ちているなんてことはない」と語る

日本でも人気の高いKanyeとAdidasのコラボラインYeezy。 今季もその人気は継続するものと見られていたが、Kanyeのトランプ支持表明などの一連の暴走により、多くのショップがYeezyの売上が落ちるのではないかと推測していた。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。