Playboi CartiがRaf SimonsとSupremeの流行は減速していると語る

デビューミックステープに収録されている"Magnolia"がヒット中の、Playboi CartiがGQマガジンのインタビューでこれからのトレンドについて語っている。

A$AP Mobのチームの一員でもある彼。A$AP Mobらしいファッションセンスと、Lil Uzi Vertのようなパンクロック精神、そしてLil

Yachtyのような遊び心、全てを兼ね備えて現在のラップシーンの中心地に立っているのが今年最注目のラッパーとなりえた理由であろう。

そんなスターになりつつある彼だが、彼も同年代の普通の男の子と同じようにネット通販や古着屋を利用し、UNDERCOVER、Raf Simons、Boris Bidjan Saberi、Rick owensの服やヴィンテージアイテムなどを欲しがり、Supremeだって好きであると語っている。しかしCartiは、Raf SimonsやSupremeのトレンドが衰退しているとも言及している。

今彼の中での流行は家具やインテリア。自宅用にBEARBRICK、スケートデッキやポスターを買いインテリアデザインにハマっているとのこと。最近ロサンゼルスの家に白いソファーを買ったばかりだそうだ。彼のトレンドのスピードについていくのは大変そうだが、ファッションを楽しんだ次は家の内装に興味を持つのは自然な流れなのかもしれない。

若くしてヒップホップ界をどんどん駆け上がっているPlayboi Cartiが次に考えていることは?という質問に対して彼は「生演奏の楽器を取り入れる」と答えた。(小林一真)

RELATED

Playboi Cartiのライブに乱入してきたファンがセキュリティに投げられ宙を舞う

大きな盛り上がりをみせるアメリカのヒップホップシーン、好きなラッパーに近づくためにはどんな手を使ってでもやろうという熱狂的すぎるファンが一定数存在するのも確かだ。

Playboi Cartiが喘息を患っていることを明かす

今年、待望のデビューアルバム『Die Lit』をリリースしたPlayboi Carti。名実ともに現在のシーンきってのラッパーになりつつある彼だが、実はその裏である苦しみを抱えていたようだ。

Playboi Cartiが「SNSでリーンをやめたと宣言することはダサい」と語る

Playboi Cartiといえば独特なポジションとクールな佇まいで人気を得ているラッパーだが、そんな彼がSNSでリーンをやめたと宣言するラッパーたちを「ダサい」と一刀両断した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。