日本の10代が最も使用しているSNSは?

マーケティングリサーチに関する情報サイト『Marketing Research Camp』が、『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年4月度)』の結果を発表した。

調査は 15歳~69歳の男女1,100名を対象に実施した。

10代(n=100)に現在利用中のSNSを聞いたところ、 最も利用者が多かったのは「LINE」(88.0%)で、 次に「Youtube」(81.0%)、 「Twitter」(75.0%)となった。 「SNOW」を現在利用している人の割合は49.0%で、 「Instagram」(43.0%)を上回る結果に。

SNS

スマートフォンユーザーのうち、 SNSなどで配信されるライブ動画を「頻繁に視聴する」人の割合は6.3%、 「ときどき視聴する」人は34.0%。 ライブ動画を視聴するときに最も利用するSNSは「LINE」(27.1%)で、 次に「Facebook」(19.1%)、 「Instagram」(17.4%)となった。

スマートフォンユーザーが新しいレジャースポットや話題のニュースなどの情報収集に利用するサービスは「Googleなどの検索エンジン」が最も多く(59.3%)、 次に「インターネットの情報サイト(アプリ版を含む)」(52.1%)、 「TwitterなどのSNS」(32.3%)となっている。

10代に限って見ると「TwitterなどのSNS」(69.4%)で情報収集する人が最も多く、 「Googleなどの検索エンジン」(54.1%)や「インターネットの情報サイト(アプリ版を含む)」(37.8%)を上回った。 ※複数回答あり。

近くにある飲食店のメニューや雰囲気などを知りたいときに利用するSNSは「Twitter」(21.1%)が最も多く、 次いで「Instagram」(13.2%)、 「Facebook」(7.9%)となり、スマートフォンでレシピ動画を視聴する人のうち、 48.6%の人が「スマートフォンからのインターネット」で視聴していた。※複数回答あり。

集計データとしてまとめた全85ページの調査結果レポートを、 「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページでダウンロードできる。

 

RELATED

Kanye Westがフォロワー数を非表示にすることをTwitterのCEOに提案

常に脳内でアイデアが迸っていることでお馴染みのKanye West。そんな彼が、今回は大好きなTwitterのUIについて意見を提供している。

Kanye Westファンのための出会い系サイト『Yeezy Dating』

Kanye Westファンで、恋人を探しているあなたに朗報だ。Kanye Westファン専用のデーティング・サイト『Yeezy Dating』がローンチした。

Donald GloverがSNSから姿を消した理由を語る

自身が主演・脚本・プロデュースを務めた『Atlanta』が昨年のゴールデングローブ賞を獲得するなど俳優としても頭角を現すDonald Glover。そんな彼は、SNSについて「自分みたいな人間にとっては結びつきが強い」とEsquireのインタビューで語っている。 Gloverは、2014年からSNSに姿を現していない。それまでは、Golverの個人的な考えをシェアして、活発に使いこなしていた。SNSと距離を置くDonald Gloverは、The New Yorkerのインタビューに登場。Esquireのインタビューで語られたSNSについて改めて語っている。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。