Mac Millerが『Faces』のMIXTAPEを制作した時「自分は地球にいなかった」と語る

MUSIC  2017.05.12  FNMNL編集部

Mac Millerは2014年にリリースしたミックステープ『Faces』を制作した時、どこか地球とは別の場所にいたと語っている。『Faces』は彼が今から3年前の母の日、2014年5/11にリリースしたミックステープ。年月が経った今、彼は当時の製作期間中の麻薬中毒生活を振り返った。

彼は自身のTwitterで「『Faces』は特別だった」そして「『Faces』を作った時、俺は地球という星にいなかった。はるか遠くにいた」と言及している。

以前BillboardのPodcastで10歳の頃から麻薬をやってきたと語ったMac Miller。ミックステープ『Faces』は多くのドラッグ関連の歌詞を含んでいる。それに対してMac Millerは2015年のインタビューで「ドラッグについてこれ以上語ると陳腐になってしまう、ドラッグが無くても曲は作れる」と薬物依存を克服したことを示した

そのインタビューの際に、彼がそこまで精神状態を整えられたのは音楽プロデューサーのRick Rubinが助けてくれたおかげであることも説明している。麻薬中毒だった時にMillerはリハビリには通わずにRick Rubinの家の近くに自分も家を買い、健康な体を取り戻すために一緒に行動。Republicレコードを紹介してもらっていい関係を築き、そこから徐々にMillerの意識が変わったとのこと。「この業界には薬物に溺れた人を徹底的に絞って搾取しようとしている人がいる一方、なにかを育てるには良い環境が必要であると理解している人もいる」とMillerは語っている。(小林一真)

MUSIC

FASHION

CULTURE