Abletonによる音楽の作り方とソフトの使い方を学べるウェブサイト「Learning Music」

DTMソフトウェアメーカーのAbletonが誰でも簡単に音楽の作り方を学べるサイトを公開した。このサイトにアクセスすれば、ソフトウェアを持っていなくても体験することができる。
このサイトでは現代のDTMソフトウェアを使用した作曲の方法をいくつかの要素に分解して体系だってレクチャーしてくれる。ビート、音符、音階、コード、ベースライン、曲の構造などを実際にウェブ上のソフトウェアを触りながら学ぶことができる。

このAbletonのウェブサイトは実際のヒット曲、例えばビヨンセの"Single Ladies"やボブ・マーリーの"Get Up, Stand Up"などを用いてDTMのキー概念を学ぶことができる。

さらに学んだ技術や概念を用いて自分のオリジナル曲を作ったりする"The Playground"というコーナーも用意されており、ここで作成した楽曲はDTMソフトのAbleton Liveにエクスポートすることもできる。

RELATED

台湾のメーカーMiDiPLUSが女性のためにデザインされたオーディオインターフェースを開発

台湾のDTM機器メーカーMiDiPLUSが、今回「女性のためにデザインされた」オーディオインターフェースを発表した。

D'Angeloの全ての曲のグルーヴをDTMで再現できる無料パック

天才との誉れ高いD’Angelo。彼の楽曲の持つ自由で魅惑的なグルーヴが全て含まれた無料のサウンドパックが、DAWソフトウェア『Ableton Live』用に公開された。

音楽制作ソフトAbleton Live上でパックマンのゲームをしながら作曲できる新機能

Ableton Liveとは音楽制作やDJパフォーマンスなど、作曲も演奏も可能なシーケンサーソフトウェアである。そんなAbleton社によるソフトウェアに新たに追加できる機能をIsotonik StudiosがFacebook上で公開した。なんとAbleton Liveのソフト上でアーケードゲームのパックマンが遊べるようになると発表。パックマンで遊びながら、それがシーケンサーとしての役割を果たし作曲が行われるとのこと。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。