トップビートメイカーZaytovenは1曲のトラックメイクに10分以上かけない

アトランタを拠点にGucci Maneをはじめ、人気ラッパーたちの楽曲を手がけてきたプロデューサーZaytovenが、ラジオ番組『Sway in the Morning」に登場。そこで自身のトラックメイクのプロセスを語った。

 

インタビュー開始から19:50あたりで、Zaytovenは1曲のトラックを作るのに10分以上かけたことがないと言い放つ。

俺がリリースして、みんなが聴いたことがあるようなトラックに10分以上費やしたことがない。」と語り、Gucci Maneとの楽曲は「俺も彼もせっかちだから、作った楽曲をすぐ車の中で聴きたくなるんだ。5曲作ったらそれをやるんだ。だけど、もし俺が1つのトラックメイクに1時間かかって、ラッパーがリリックを書くのに1時間もかけてたら、1日で5曲もできないよ

ZyatovenはGucci Maneとの初共演であり、自身を一躍アトランタのスターに仕上げた楽曲"Icy"のトラックもプロセス通り、5分で作り上げた。

Zaytovenの異様な仕事の速さはミュージシャンの本能を少しでも失わない為のプロセスになっている。「音楽はフィーリングが大事。トラックメイクに15分以上かけていたら、フィーリングがなくなる」と自身の心得を説く。また10分でできたものに、いろいろ加えようとすると最初に作ろうとしたものからズレていってしまうリスクがあると話した。

こういったトラックメイクの速さは、同じくアトランタのプロデューサーSouthsideのエピソードと同様に時間をかけたからといっていいものができるとは限らないと教えてくれる。

RELATED

Zaytovenが当初Futureを良いアーティストと思っていなかったことを明かす

先月リリースされた『Beastmode 2』でストリーミングオンリーのアルバムとして過去最高のセールスを記録するなど、今や盤石の地位を築いているFutureとZaytovenのタッグ。二人の間には確固たる信頼関係があるように見えるが、Zaytovenが当初Futureを良いアーティストと思っていなかったということを明かしている。

ZaytovenがFutureの『Beast Mode』シリーズが成功した理由を語る

先日リリースされたFutureの『Beast Mode 2』は、ストリーミングのみのアルバムとして最高のセールスを記録するなど非常に大きな成功を収めた。

人気プロデューサーZaytovenが10万ドルのギャラを得てもバーバーショップの仕事を辞めなかったと明かす

アトランタを代表するプロデューサーZaytovenといえば、Gucci Maneに鍛えられたスキルでわずか3分でビートを作り上げたりと、ヒットチューンの他にも様々な伝説を持つ人物だ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。