韓国のトップラッパーOkasianがBIGBANGなどが所属するYGのサブレーベルと契約

MUSIC  2017.05.04  FNMNL編集部

韓国のヒップホップシーンに多大な影響力をほこるThe Cohortのメンバーの人気ラッパーOkasianが、BIGBANGなどが所属する事務所YGのサブレーベルThe Black Labelと契約を結んだことがわかった。

Okasianは昨年これまで所属していたレーベルHi-Lite Recordsを離脱し、動向が注目されていた。The Black LabelはYG専属のプロデューサーであるTeddyが創設したレーベルで、Zion.TとKushが所属している。レーベル側は「Okasianのキャリアを進めていくためにベストを尽くす」とコメントを発表している。

Keith ApeなどとのクルーThe CohortでもOkasianは新作リリースを予定しているが、今回のYGとの契約でThe Cohortでの活動がどうなっていくかは、わかっていない。

昨年12月にOkasianはYG所属のG-DRAGONとCLそしてBewhyをフィーチャーしたシングルもリリースしており、すでにこの時から今回の契約の話が出ていたものとみられる。

MUSIC

FASHION

CULTURE