Lil YachtyとJoe Buddenが直接対決 | BuddenはYachtyのアルバム『Teenage Emotions』のカバーに再び不快感を示す

先日ベテラン・ラッパーのJoe BuddenがDJ Akademiksとの番組『『Everyday Struggle』でLil yachtyを、「ヒップホップカルチャーを台無しにしている」と批判、それに対しYachtyもBuddenに対し反撃を試みたという事件を伝えた

BuddenがYachtyをディスった番組『Everyday Struggle』に、初のゲストとしてYachtyが出演。Buddenと対峙した。

 

上記がその動画だが、冒頭からBuddenはYachtyのデビューアルバム『Teenage Emotions』のカバーアートに不快感を示す。

Lil Yachty

それに対しYachtyは自身の音楽は「ポジティブでいることと、自分自身を愛すること」がテーマとなっていて、カバーはそれを表していると述べている。

さらにYachtyは自身を「ヒップホップゲームの外れ者」と称し、カバーアートにはこれまでのけ者になっていた人々を入れたと話している。

そのYachtyの答えを聞いたBuddenは激昂、Yachtyがそれに構わず「おれは新世代なんだ」というと「くそったれ」と吐き捨てた。

Yachtyが「毎日幸せだよ」と語るとBuddenは「メディアに教育された答えをしている」と取りつく島もない。「気持ちは移ろいやすいものだ」というBuddenは「音楽業界にいて、毎日幸せだなんて、嘘だな、くそったれ。おれはくそみたいなことをいう奴は嫌だ。誠実に話そう」と逆上してしまう。

それに対しYachtyはさらっとかわしつつ自分の主張を崩さない。2人の会話は最後まで平行線のままだ。

 

RELATED

Lil Yachtyが自分が持っているSupremeの服を全部売る予定

Supremeといえば、今世界で最も人気のあるブランドの1つだろう。ニューヨーク発のこのブランドはヒップホップシーンでも揺るぎない地位を確立しており、これまでにも様々なラッパーが袖を通してきた。DipsetやNotorious B.I.Gなど、ニューヨークに関わりが深いラッパーたちともコラボしている。

Lil Yachtyが10人の友達とシェアハウスで暮らしていると明かす

Lil Yachtyはデビューしてから、着実にラッパーとしてのキャリアを歩み、今ではアメリカを代表する若手ラッパーの1人となったといっても過言ではないだろう。 しかし、リスナー達は忘れているかもしれないが、そんな彼もいまだ20歳の1人の若者なのだ。

Lil Yachtyが仮想通貨や株への興味を語る

Forbesの2017年版ラッパー長者番付で20位にランクインしたLil Yachtyが、 投資や仮想通貨への興味をVlad TVのインタビューで語った。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。