Joe BuddenがLil Yachtyを「ヒップホップカルチャーを台無しにしている」と批判。Yachtyは「らしい」やり方で対抗

Lil Yachtyは躍進をとげた昨年、多くの攻撃にさらされたが、デビューアルバムのリリースが決まったこともありYachtyへのディスは、またトレンドになりそうだ。

Joe BuddenとDJ Akademiksがパーソナリティーを務めているネット番組『Everyday Struggle』の昨日の放送でYachtyが俎上にあがり、Joe Buddenが批判を行ったのだ。

Buddenは「Yachtyはヒップホップじゃない」と新鋭に浴びせられる定型文のような批判を繰り出し、「Yachtyのレーベルもヒップホップじゃない、あいつらはヒップホップを荒らし、搾取してるだけだ」と続けた。

さらに熱くなったBuddenは「Yachtyはヒップホップカルチャーを台無しにしている。そんなもの受け入れちゃダメだ」とバッサリ。その模様は下の動画で見ることができる。

 

Yachtyも今日になってBuddenに対しTwitterでリアクション。といってもコメントを出したわけではなく、Yachtyが影響を受けたラッパーの1人であるLil BによるBuddenディス曲のリンクを貼り付けたのだ。

さらに続けてYachtyは「今のムードにぴったり」と再度同曲のリンクをツイート、その後「今日はよくない日だった」とも投稿している。

肩透かしをくらったBuddenは、「ムードだと、笑わせてくれるよ」とそれに対しリアクション、「おれも楽しんでるだけだよ」とYachtyのムードに引き込まれてしまった。

定石ならYachtyがBuddenの煽りに対し、怒りの反論といったところなのかもしれないが、新世代ラッパーらしくそこもBuddenの見込み違いだった?

RELATED

Lil Yachtyがニューアルバム『Nuthin’ 2 Prove』を来月リリースへ

今年3月に2ndアルバム『Lil Boat 2』をリリースしたLil Yachtyの新作が早くも10月にリリースされる。

Lil Yachtyが白人の警官に車を盗んだと疑われる

アメリカの警官がしばしば人種を根拠に捜査を行うという話は周知の事実だろう。ヒップホップにはそういった警官をテーマにした楽曲が数多く存在するが、今回Lil Yachtyが警官によって理不尽な目に遭わされてしまった。

Lil Yachtyが自分が持っているSupremeの服を全部売る予定

Supremeといえば、今世界で最も人気のあるブランドの1つだろう。ニューヨーク発のこのブランドはヒップホップシーンでも揺るぎない地位を確立しており、これまでにも様々なラッパーが袖を通してきた。DipsetやNotorious B.I.Gなど、ニューヨークに関わりが深いラッパーたちともコラボしている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。