PUMAとspoken words projectのコラボ第3弾『ewohaku(絵を履く)』

FASHION  2017.04.23  FNMNL編集部

PUMAが飛田正浩が手がけるファッションブランドspoken words projectとのコラボスニーカー第3弾を発表した。今回は『ewohaku(絵を履く)』がテーマだ。

手作業による染めやプリントを施した服作りに定評のある、spoken words projectとPUMAはプーマ バスケットをモデルに、PUMA BASKET FOR SWPを作り上げた。アッパーをこれまでのスウェードからスムースレザーに変更し、新しい風合いを楽しめる。

PUMA

PUMA

spoken words projectの2017SSコレクションと連動し小説『砂の女』がモチーフとなったグラフィックがオン、レザーにプリントされることで生まれるノイズがテーマと共振する。

PUMA

PUMA

『ewohaku(絵を履く)』という言葉通り1枚、1枚手作業でプリントされたスムースレザーを無作為に組み合わせることで、1足ずつ異なる絵画のように違った表情が楽しめる。

PUMA

PUMA

_MG_7505

PUMA

PUMAとspoken words projectによる『ewohaku(絵を履く)』は4/28に限定店舗とPUMA Storeで発売。

 

 

MUSIC

FASHION

CULTURE