環ROYが4年ぶりのアルバム『なぎ』をリリース | TaquwamiとOBKRとのコラボ曲"ゆめのあと"も収録

環ROYが前作『ラッキー』以来4年ぶりとなる新作『なぎ』を、6/21にリリースする。

『なぎ』にはミュージックビデオが発表されていたTaquwamiとOBKRとのコラボチューン"ゆめのあと"も収録。

 

他にもプロデューサーとして蓮沼執太や三浦康嗣、Arμ-2、Daisuke Tanabe、Ametsub、ゲストアーティストとして小林うてなや山本晃紀、石塚周太といった多くのアーティストが参加。リリース前に先行でK.A.N.T.Aがプロデュースした"Offer"と蓮沼執太がトラックメイクを、石塚周太と小林うてなが参加している"めでたい"が先行7インチでリリースされる。

アルバムのカバーアートとあわせてティザームービーもYoutubeで公開された。

 

U-zhaanや鎮座DOPENESSとの楽曲発表、蓮沼執太フィル への加入、美術館や劇場、ギャラリーでのパフォーマンスやインスタレーションなど活動の幅を広げてきた環ROYの集大成である『なぎ』は6/21にリリースされる。

 

Info

環ROY

■環 ROY『なぎ』

DDCB-13035 / 2017.06.21 ON SALE / 2,600YEN+TAX / RELEASED BY B.J.L. X AWDR/LR2

01. あらすじ(環 ROY)
02. Offer(K.A.N.T.A)
03. 食パン(Shingo Suzuki)
04. はらり(三浦康嗣)
05. On&On(K.A.N.T.A)/Chorus:小林うてな
06. 都会の一枚の本(環 ROY)/Drums:山本 晃紀(LITE)
07. ことの次第(Daisuke Tanabe)
08. exchange//everything(Ametsub)
09. ゆめのあと(Taquwami)/Guest Vocal:OBKR
10. フルコトブミ(Arμ-2)
11. めでたい(蓮沼執太)/Guitar&Bass:石塚周太, Steelpan:小林うてな ※(カッコ内)Sound Producer

■環 ROY - Offer [Single Version] / めでたい【7INCH】

JS7S161 / 2017.06.07 ON SALE / 1,600YEN+TAX / RELEASED BY B.J.L X AWDR/LR2 / JET SET

A1 - Offer [Single Version](track: K.A.N.T.A)
B1 - めでたい(track: 蓮沼執太)/Guitar&Bass:石塚周太, Steelpan:小林うてな

RELATED

キャンプ場で開催される『寝待月のショー2018』にbonobos、環ROY、birdなどが出演決定

ニュートラルなキャンプ場で思い思いの活動をしながら楽しめるフェス『寝待月のショー2018』が、8/18(土)~8/19(日)に滋賀・大津の桐生キャンプ場で開催される。

2017 Best Or Worst by 環ROY

早いもので2017年も、もう12月。今年も音楽、ファッション、それぞれのシーンの内外で様々なトピックが生まれた1年だったのは間違いなし。そんな1年をFNMNLに振り返る企画『2017 Best Or Worst』がスタートします。アーティストやデザイナー、ショップオーナーなど様々なジャンルで活躍する方々に、個人的なベスト、もしくはワースト、もしくはその両方をピックアップしてもらっています。

U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESSによる新曲のMVが公開 | お菓子メーカーの「ギンビス」がテーマに

これまでもスチャダラパーの"サマージャム'95"のカバーや、矢野顕子をフィーチャーした"にゃー"などの楽曲を発表してきたU-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESS。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。