Lil Yachtyがデビューアルバムのトラックリストやカバーアートを公開 | MigosやYG、Diplo、Kamaiyahが参加

Lil Yachtyが待望のデビューアルバム『Teenage Emotions』を5/26にリリースすると発表、同時にトラックリストとカバーアートも公開した。

Lil Yachty
『Teenage Emotions』のカバーアート

『Teenage Emotions』にはMigosやDiplo、YG、Kamaiyahなどがゲスト参加し、全部で21曲が収録される。プロデューサーにはDigital NasやWondaGurl、Burberry Perry、Southsideなどがビートを提供している。

カバーアートには映画館のような場所で座るYachtyを中心に、何かを巻いているような男性3人や、キスをする男性同士のカップル、パンクスなど様々なキャラクターを持った人々が映し出されている。Yachtyらしいカラフルなカバーアートといえるだろう。

昨晩Instagram Liveでカバーアートの意図についてYachtyは「ティーンエージャーのとき学校では、様々なタイプの人に取り囲まれていたよね。10代の成長期に、あなたはとても多くのそれぞれ違う人々に会っているんだ。根本にあるのは、あなた自身であることを恐れないでということ、いつも自分らしくいることを。皮膚に病をもっていたとしても、ゲイであれ、あなたがなんであっても、自分自身を認めてほしい」と語った。

Yachtyは現在ウェブショップをオープン、『Teenage Emotions』のレコードやカセットテープに加え、TシャツやYachtyのカラフルなグリルのレプリカがついたセットなども予約販売されている。

Lil Yachty

 

Lil Yachty - 『Teenage Emotions』Track List

1. “Like a Star”
2. “DN Freestyle”
3. “Peek A Boo” Feat. Migos
4. “Dirty Mouth”
5. “Harley”
6. “All Around Me” Feat. YG & Kamaiyah
7. “Say My Name”
8. “All You Had to Say”
9. “Better” Feat. Stefflon Don
10. “Forever Young” Feat. Diplo
11. “Lady in Yellow”
12. “Moments in Time”
13. “Otha Shit” (Interlude)
14. “XMen” Feat. Evander Griim
15. “Bring It Back”
16. “Running With the Ghost” Feat. Grace
17. “FYI (I Know Now)”
18. “Priorities”
19. “No More”
20. “Made of Glass”
21. “Momma” (Outro) Feat. Sonyae Elise

 

RELATED

Lil Yachtyがニューアルバム『Nuthin’ 2 Prove』を来月リリースへ

今年3月に2ndアルバム『Lil Boat 2』をリリースしたLil Yachtyの新作が早くも10月にリリースされる。

Lil Yachtyが白人の警官に車を盗んだと疑われる

アメリカの警官がしばしば人種を根拠に捜査を行うという話は周知の事実だろう。ヒップホップにはそういった警官をテーマにした楽曲が数多く存在するが、今回Lil Yachtyが警官によって理不尽な目に遭わされてしまった。

Lil Yachtyが自分が持っているSupremeの服を全部売る予定

Supremeといえば、今世界で最も人気のあるブランドの1つだろう。ニューヨーク発のこのブランドはヒップホップシーンでも揺るぎない地位を確立しており、これまでにも様々なラッパーが袖を通してきた。DipsetやNotorious B.I.Gなど、ニューヨークに関わりが深いラッパーたちともコラボしている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。