スティーリー・ダン唯一の決定的バイオグラフィーが9月に刊行決定

1994年に(日本版は1997年にリットーミュージックより)  刊行された『Steely Dan: Reelin' in the Years』に全編に渡り、新取材&新情報を加え、全面的に新たに書き起こされたスティーリー・ダンの決定的バイオ本が9月にDU Booksから刊行される。

『リーリング・イン・ジ・イヤーズ(仮)』と名付けられた同書は、60代を迎えた現在のドナルド・フェイゲンと、ウォルター・ベッカーの姿もドキュメントされたスティーリー・ダンファンは必携の内容となっている。

著者のブライアン・スウィートはまえがきでこう書いている。

ここ数年のスティーリー・ダンはますます、レコーディングよりもツアーに力を入れるようになっている。
これは現在の音楽ビジネスが、危機的な状況にあることのなによりの証拠だろう――
なにしろおぞましいワン・ダイレクションの類が、わがもの顔でのし歩いているのだ。
それはまた、このふたり組に関する、非常に興味深い、そして非常に不安な事実を暴き出してもいる。
長期にわたる活動が、じょじょに終息に向かっているのはまちがいない。だがそれはおそらく彼ら自身の選択ではなく、
自分たちではどうようもない、肉体的、心理的要素のなせるわざなのだ。

60歳の坂を越えた今、彼らはおそらくもう以前のようなワーカホリックではなくなっている。
それに 彼らは決して、この地球でいちばん魅力的な見てくれをした中年男ではない。
しかしウォルター・ベッカーとドナルド・フェイゲンは今も、むちゃくちゃいい曲を書くことができる。
そう、それだけでも大したことではないか?
――ブライアン・スウィート(まえがきより)

9/23、24に開催される『Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN』で、ドナルド・フェイゲンが来日するのが決定したのを記念し、同書も9月に刊行予定だ。

Info

スティーリー・ダン ストーリー
リーリング・イン・ジ・イヤーズ(仮)
ISBN978-4-907583-98-9
A5/384ページ(予定)
予価:本体3,500円+税
発行元:DU BOOKS 発売元:株式会社ディスクユニオン

RELATED

書籍『ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門』が刊行 | 日米の歴史をカバーしたビギナーにも最適な1冊に

NHK FMで放送され話題となった番組『今日は一日“RAP”三昧』が元となった書籍、『ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門』が、10/30(火)に発売される。

ダンスホールレゲエの歴史を紹介する書籍を刊行するためのクラウドファンディングがスタート

RihannaやDrakeなどによって、さらに注目を浴びている音楽ジャンル、ダンスホール。

DJ Mitsu the Beatsと吉田雅史による『J・ディラと《ドーナツ》のビート革命』刊行を記念したトークショーが開催

JAZZY SPORT SHIMOKITAZAWAにて、早生の天才ビートメーカー、J・ディラの創作の秘密に迫った『J・ディラと《ドーナツ》のビート革命』の刊行を記念したトークイベントが10/18(木)に開催される。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。