TuneCore Japanのアーティストへの2016年の還元額が前年比200%増。日本でもインディペンデントアーティストの存在感が年々大きく

MUSIC  2017.04.10  FNMNL編集部

デジタル音楽ディストリビューションサービスTuneCore Japanを利用したアーティストへの還元額が、2012年10月のサービスインから2016年末時点で14億円を突破、さらに2016年単年度では約8億円をアーティストに還元しており、2015年度の還元金額に対して、約200%の増加となった。

Tunecore
*TuneCore Japan: 利用アーティストへの年間還元額の推移

主な要因としてはTunecoreを利用するアーティストの増加、ストリーミングサービスをはじめとするデジタル音楽市場の拡大、利用アーティストのファン拡大が挙げられる。

この成長率は、一般社団法人日本レコード協会が発表した2016年有料音楽配信売上実績の成長率112%を上回るもので、日本ではChance The Rapperのような事例では出ていないが、デジタル音楽市場で独立系事務所、レーベル、個人などの、インディペンデントアーティストの存在感が、年々大きくなってきている。

また、TuneCore Japanでの売上の中で音楽ストリーミングサービスの成長率は、2015年から2016年で約630%と急成長。この音楽ストリーミングサービスを通じた還元額は、2017年度もさらに拡大することが予想される。

国内でのジャンル別の売上をみるとJ-POP、HIPHOP、アニメ・ゲームの順となっている。

今後TuneCore Japanは国内外の配信ストアを拡大していくとともに、アーティストがデジタル音楽を最大限に活用し、海外進出への足がかりを掴めますよう、サービスを提供していくという。

http://www.tunecore.co.jp/

 

MUSIC

FASHION

CULTURE