TuneCore Japanのアーティストへの2016年の還元額が前年比200%増。日本でもインディペンデントアーティストの存在感が年々大きく

デジタル音楽ディストリビューションサービスTuneCore Japanを利用したアーティストへの還元額が、2012年10月のサービスインから2016年末時点で14億円を突破、さらに2016年単年度では約8億円をアーティストに還元しており、2015年度の還元金額に対して、約200%の増加となった。

Tunecore
*TuneCore Japan: 利用アーティストへの年間還元額の推移

主な要因としてはTunecoreを利用するアーティストの増加、ストリーミングサービスをはじめとするデジタル音楽市場の拡大、利用アーティストのファン拡大が挙げられる。

この成長率は、一般社団法人日本レコード協会が発表した2016年有料音楽配信売上実績の成長率112%を上回るもので、日本ではChance The Rapperのような事例では出ていないが、デジタル音楽市場で独立系事務所、レーベル、個人などの、インディペンデントアーティストの存在感が、年々大きくなってきている。

また、TuneCore Japanでの売上の中で音楽ストリーミングサービスの成長率は、2015年から2016年で約630%と急成長。この音楽ストリーミングサービスを通じた還元額は、2017年度もさらに拡大することが予想される。

国内でのジャンル別の売上をみるとJ-POP、HIPHOP、アニメ・ゲームの順となっている。

今後TuneCore Japanは国内外の配信ストアを拡大していくとともに、アーティストがデジタル音楽を最大限に活用し、海外進出への足がかりを掴めますよう、サービスを提供していくという。

http://www.tunecore.co.jp/

 

RELATED

アメリカで多くの企業がストリーミングサービスの音楽をBGMで使用 | 毎年26億ドルの損害が出ているとの試算が発表

SpotifyやApple Musicなどのストリーミングサービスは、我々音楽ファンにとってインターネットで合法的に音楽を楽しむための最高の手段だろう。しかし、個人レベルならともかく企業にとってはストリーミングサービスを使用することは必ずしも正しいことではないようだ。

Spotifyが10周年 | 最もストリーミングされたアーティストや楽曲のランキングを発表

世界最大級の音楽プラットフォームSpotifyは今月でローンチから10周年を迎えた。それを記念して、Spotifyがこの10年間で最もストリーミングされたアーティスト、楽曲、アルバムのランキングを発表している。

ライブ鑑賞 VS セックス | どちらが快感を覚えるかという調査結果が発表

頻繁に好きなアーティストのライブを観に行く人の中には、何よりもライブに行くことが重要だという人もいるだろう。どうやら、人によってはライブが人間の根源的な欲求を上回ってしまうこともあるようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。