アメリカで2017年1~3月に最も売れたレコードは『ラ・ラ・ランド』のサウンドトラック

MUSIC  2017.04.10  FNMNL編集部

先日イギリスで1~3月に最も売れたレコードが発表されたが、今度はNielsen Musicがアメリカでの同時期に最も売れたレコードを発表した。

最も売れたレコードは2万5000枚で映画『ラ・ラ・ランド』のサウンドトラックだった。Justin Hurwitzがスコアを書いたこのサウンドトラックは主演のエマ・ストーンとライアン・ゴズリングもボーカルで参加している。

その次に続くのはBob Marleyのベスト盤『Legend』とAmy Winehouseのセカンドアルバムにしてラストアルバム『Back to Black』で1万6000枚だった。イギリスで1位だったEd Sheeranの『÷』は、その後に続く1万5000枚。

相変わらずレコードセールスの好調は続いているものの、昨年の同時期に比べれば売上は3.2%下がっており、レコードブームは徐々に落ち着いてきているとの見方も出ている。

セールス売上のトップ10はこちら

1. La La Land Soundtrack (25,000枚)
2. Bob Marley and The Wailers – Legend (16,000)
3. Amy Winehouse – Back to Black (16,000)
4. Ed Sheeran – ÷ (15,000)
5. Run the Jewels – Run the Jewels 3 (14,000)
6. The Killers – Hot Fuss (14,000)
7. The Beatles – Abbey Road (13,000)
8. Ryan Adams – Prisoner (13,000)
9. Twenty One Pilots – Blurryface (13,000)
10. The xx – I See You (13,000)

MUSIC

FASHION

CULTURE