2017年1~3月のイギリス国内でのレコードセールストップ10

イギリス国内で2017年の最初の四半期の、レコード販売実績トップ10が発表された。

トップはもちろんEd Sheeranの新アルバム『Divide』。この20年でもっとも出足よく売れたアルバムとして記録を樹立している。3月初旬からの売上実績は21,000枚。

そのAmy Winehouse、David Bowieと続き、遅れてきたルーキーのRag'n'Bone Manが4位に入線。

Official Charts Companyが発表した2017年1~3月のレコードセールストップ10はこちら

01. Divide – Ed Sheeran
02. Back to Black – Amy Winehouse
03. Legacy – David Bowie
04. Human – Rag ‘n’ Bone Man
05. Abbey Road – The Beatles
06. Rumours – Fleetwood Mac
07. I See You – The xx
08. Guardians of the Galaxy: Awesome Mix 1 – Original Soundtrack
09. The Dark Side of the Moon – Pink Floyd
10. Pulp Fiction – Original Soundtrack

RELATED

ロンドン、東京、世界を結ぶ注目のコミュニティがキュレートするレコードレーベルが始動

多くの芸術家や音楽家が集まり現在のロンドンでも最も活気のあるエリアハックニー地区の倉庫跡地で、レジデントDJのCedric Wooら3人のファウンダーによって13年以上も開催される人気パーティー「Beauty & The Beat」

ShureのDJ用カートリッジが今夏で生産終了へ

クラブでプレイするDJの定番カートリッジとして愛されてきたM44-7などを含むShureのフォノグラフカートリッジが、今夏で生産終了されることがわかった。

下北沢ケージで『TOKYO RECORD MARKET』が開催 | 人気レコード店に加えCaptain VinylやDJ SPINNA、須永辰緒など豪華ゲストも出店

5/3(木・祝)に下北沢ケージにて、全国からレコードショップ18店と、22組のアーティストフリーマーケットが集合した『TOKYO RECORD MARKET』が開催される。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。