生と死のモチーフとしての血液 | 「赤い液体が流れるチューブ」で製作されたソファ

CULTURE  2017.03.30  FNMNL編集部

韓国のデザイナーHyun-gi Kimの 「レッド・シリーズ」の一作として、彼はまるで血液のような赤い液体を流し込んだチューブとポンプを用いてソファを製作した。

血液は、恐怖、死などのイメージを持たれているが、その逆に私たちの生命を維持してくれる必要不可欠なものでもある。

Red series 001 hyun gi kim design furniture chairs benches graduate dezeen 2364 col 8

そのソファに座ると液体が右から左へと圧力によって移動し、ソファは形を変える。その動きは心臓がポンプとなり、血液を全身に巡らせる機構を模している。

血液に模した液体はアクリル絵の具とその他の液体を混合してつくられている。プラスチックのバッグとチューブはステンレスのフレームで補強されている。

Red series 001 hyun gi kim design furniture chairs benches graduate dezeen 2364 col 5

MUSIC

FASHION

CULTURE