ドラムンベースのパイオニアGoldieのクレイジーな半生を描く書籍『All Things Remembered』が刊行

UKのドラムンベースシーンのパイオニアGoldieの半生を描く書籍『All Things Remembered』が刊行される。クレイジーな伝説的プロデューサーの赤裸々で生々しい過去が、「無修正」で書かれているものになるという。

『All Things Remembered』は、ウェスト・ミッドランズで生まれたGoldieが、ドラムンベースのトップクリエイターとしてレイブシーンやその後のUKのクラブミュージックを生き抜いてきた記録を、生々しい筆致で描いている。

出版社のFaberはプレスリリースで「この本は薬物や、復讐、グラフィティー、彼のトレードマークである金歯などについて描かれた、とても過激な本だ」と説明する。

Goldie自身も「この本は物事の経緯と理由が書かれたものではない。子供時代の家から、NYのグラフィティー王といったディスコWhispering Wheelsのこと、デデヴィッド・ボウイとの共作、自分をブレイクビーツシーンのドリアン・グレイ(=オスカー・ワイルドの小説『ドリアン・グレイの肖像』の主人公)として再発明することが書かれている」と同書の内容について明かした。

「この本は他にないタイプの音楽書だ」とGoldie自身が推薦する『All Things Remembered』は11月に刊行される。

RELATED

書籍『ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門』が刊行 | 日米の歴史をカバーしたビギナーにも最適な1冊に

NHK FMで放送され話題となった番組『今日は一日“RAP”三昧』が元となった書籍、『ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門』が、10/30(火)に発売される。

ダンスホールレゲエの歴史を紹介する書籍を刊行するためのクラウドファンディングがスタート

RihannaやDrakeなどによって、さらに注目を浴びている音楽ジャンル、ダンスホール。

DJ Mitsu the Beatsと吉田雅史による『J・ディラと《ドーナツ》のビート革命』刊行を記念したトークショーが開催

JAZZY SPORT SHIMOKITAZAWAにて、早生の天才ビートメーカー、J・ディラの創作の秘密に迫った『J・ディラと《ドーナツ》のビート革命』の刊行を記念したトークイベントが10/18(木)に開催される。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。