DiploがSkrillexとのJack Üで活動できないのは、メジャーレーベルが原因と語る

DiploとSkrillexによるビッグユニットJack Üは現在その活動を停止しており、Diploは以前活動再開は難しいという旨の発言をおこなっていた。

その原因として2人の不仲説もあげられていたが、どうやら他に理由があるようだ。

DiploがinthemixのQ&A企画に登場し「できればJack Üでのリリースを行いたい」と話す。ではなぜ活動しないのかというと、SkrillexとメジャーレーベルのAtlanticの契約が障壁になっているという。

「Jack Üが複雑になってしまっているのは、Atlanticが原因だ」とDiploは明かし、「SkrillexがAtlanticと契約を結んでおり、何をするにも難しくなってしまっている」と続けた。

さらに「おれはメジャーレーベルが嫌いだ。本当にメジャーレーベルと一緒に仕事はしたくない。本当に難しいんだよ」とメジャーレーベル自体の体質を批判した。

Diploはユニット活動以外では自身のソロアルバムも14年間リリースしていない。それもメジャーレーベル嫌いというのが原因にあるのだろうか。

RELATED

宇多田ヒカルのSkrillexとのコラボ曲"Face My Fears"が初公開 | レコードでのリリースも決定

昨日久しぶりのツアーとなる『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』の全公演が終了した宇多田ヒカル。全6都市12公演を20周年の集大成ともいえるセットリストで完走した宇多田が、Skrillexとのコラボ曲"Face My Fears"の音源をYouTubeで公開した。

Skrillexが自身のダイブで負傷した女性に訴えられ約1億8千万円の賠償命令が下る

言わずと知れたDJ/プロデューサーのSkrillexが現在、裁判所から多額の賠償金の支払いを命じられている。

宇多田ヒカルとSkrillexのコラボ曲"Face My Fears"も収録したシングルが来年1月にリリース決定

Skrillexのコラボ曲ということでも大きな話題となっている、ゲーム『KINGDOM HEARTS III』の宇多田ヒカルによるオープニングテーマ"Face My Fears"を収録したCDシングルが来年1/18(金)に発表されることになった。 収録曲は"Face My Fears"に加え同...

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。