Drakeの次回作『More Life』はSpotifyやAmazon Musicでもリリースへ

DrakeはApple MusicやiTunesでエクスクルーシブリリースを続けてきたが、次回作となる『More Life』はApple Music以外のプラットフォームでも聴くことができるようになる。

Futureとのコラボ作『What a Time to Be Alive』はApple Musicの『Beats 1 show OVO Sound Radio』でプレミア公開され、2015念のアルバム『If You’re Reading This, It’s Too Late』はiTunesでサプライズ・リリースされた。しかし今回の『More Life』はSpotifyやAmazon Musicでも同時にリリースされることが判明した。

Drakeが明日3/18にリリースする『More Life』は、アルバムではなくプレイリスト・プロジェクトと呼ばれ、18曲が収録される予定。

Instagramにてティーザー動画をリリースした以外に公式の発表はまだない。

RELATED

Drakeが4400万円の特注iPhoneケースを作ったことが明らかに

先日のグラミー賞では“God’s Plan”で年間最優秀ラップ楽曲賞を受賞したDrake。名実ともにトップラッパーとなった彼は強大な財力を惜しげも無く披露することで知られているが、またしてもとんでもないお金の使い方をしたようだ。

Spotify × FNMNLオフィシャルプレイリスト Vol.91 | KOHH、Gunna、VaVa、Khalidなど全35曲を収録

世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotifyで展開中のFNMNLによるオフィシャルプレイリスト。毎週リリースされる新譜から、編集部がラップなどを中心に35曲をピックアップし水曜に更新。

Drakeがグラミー賞の授賞式で「賞を取らなくてもファンがいれば勝ち」と語りスピーチをカットされる

今年のグラミー賞で最優秀ラップ楽曲賞を受賞したDrakeが、授賞式で行ったスピーチが物議を醸している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。