Stormzyの写真を無断使用したNMEをStomzyが強烈に批判する

イギリスの音楽メディアNMEがStormzyの写真を無断使用したとしてStormzyやファン、他のアーティストから非難の声を浴びている。

音楽雑誌として60年以上の歴史を持つNMEは2015年に無料雑誌とウェブメディアとして方向転換。そのNMEはTwitterで無料で配布される最新号のカバーをStormzyが飾り、「うつ」について特集することを発表した。

Stormzyが2月にリリースし、チャート1位を獲得したアルバム『Gang Signs and Prayer』で自身が戦っているうつについて表現。さらにテレビ局Channel 4やラジオ局LBCでうつについて語った。

しかしNMEが最新号のカバー写真をインターネットで公表してすぐ、NMEはStormzyに写真使用の許可を取っていなかったことがStormzyのTwitterで判明。StormzyはNMEを強烈に批判した。さらにその写真はNMEが撮影したものではなく、2015年に他メディアのCrack Magazineのために撮影されたものだった。

NMEがTwitterで無料配布されるマガジンのカバー写真と特集テーマを発表すると、Stormzyは驚きと憂慮の念をTwitterに投稿した。その中でStormzyは以前にカバー写真を求められたが断っていたことや、今回の写真の許可を出していないことなどを明らかにした。

うつというテーマはStormzyにとって簡単に話をできるテーマではなく、語るとしても慎重に言葉を選んできた。そのような需要なテーマで、勝手に写真を使用されたことについて怒りを表明している。

NMEはStormzyの批判に対して、NMEは公式アカウントから、うつは今話題にされるべきテーマであり、それについてさまざまな人を招き、コメントを取ったと釈明。

また、NMEは「マガジンは無料配布されるものであり、それを販売して利益を得るようなことをしていない。ただ、うつという重要なテーマを取り上げなくてはならない時がきた」と言い訳するも、Stormzyは「無料配布だろうが、多くの部数が配布されれば、より多くの広告収入などが入るだろう」と一喝した。

さらに「写真が使用されることをあなたが知らなかったことについて謝罪します」という言い訳に対して「Stormzyが知らなかったことではなく、許可を取らなかったことが問題ではないか」と批判の声もあがっている。

RELATED

Stormzyがケンブリッジ大学のアフリカ系学生が対象の奨学金を設立

UKの人気ラッパーStormzyが、ケンブリッジ大学の学生を対象に奨学金を設立したことが明らかになった。

Stormzyがライブでイギリス政府を批判

先週末にロンドンで行われたWireless Festival。様々なヒップホップアーティストがライブを行い、大きな盛り上がりをみせた。

Stormzyが若い作家が本を出版できるように出版レーベルを立ち上げる

グライムの代表的なアーティストの一人であるStormzyが、今回新たな出版のレーベルを立ち上げることを明かした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。