マーティン・スコセッシが再びを手がけるボクシング映画『ビニー/信じる男』の予告編公開

超人的なカムバックを目指したボクシングの元世界チャンピオン、ビニー・パジェンサの実話を、ボクシング映画の金字塔『レイジング・ブル』や『ウルフ・オブ・ウォールストリート』で知られる巨匠マーティン・スコセッシが製作・総指揮を務める映画『ビニー/信じる男』の予告編が公開された。

『ビニー/信じる男』(原題:Bleed For This)は、『マネー・ゲーム』のベン・ヤンガーが脚本・監督、さらに『アメリカン・ビューティー』『世界にひとつのプレイブック』のブルース・コーエンがプロデューサーを務め、『セッション』のマイルズ・テラーが徹底した役作りでビニー・パジェンサ役を演じる。

世界チャンピオンに輝き、全てを手に入れたビニー・パジェンサが、その栄光もつかの間交通事故で首を骨折する大怪我を負う。「いつまた戦える?」と尋ねるビニーに、主治医は「歩けるかどうかも分からない」と答え、トレーナーのケビンも「リング以外の人生を」と声をかける。どん底に立たされたビニーだったが、自分のボクシング人生を諦めることなく、ハローブレース(頚椎骨折、脊椎損傷など重度の患者がつける装具)をつけたまま、「俺はまだやれる」と、耐え難い激痛を抱え過酷なトレーニングを続ける。家族はもちろん、ケビンも、「ビニー、よせ。どうかしてるぞ」と猛反対するが、いつしか命がけのカムバックを目指す彼の姿に自然と心動かされ、協力しはじめる。「お前の意地を見せてみろ!お前の生き様を!お前の真価を!!」と、ケビンの支えがあり、ついに復活のリングに立つビニー。

 

『ビニー/信じる男』は2017年5月に公開される。

Info

監督・脚本:ベン・ヤンガー「マネー・ゲーム」製作総指揮:マーティン・スコセッシ「沈黙サイレンス」
出演:マイルズ・テラー「セッション」、アーロン・エッカート「ハドソン川の奇跡」、ケイティ・セイガル「ピッチ・パーフェクト2」、キアラン・ハインズ「沈黙サイレンス」、テッド・レヴィン「シャッターアイランド」
提供:ファントム・フィルム/KADOKAWA 配給:ファントム・フィルム 宣伝協力:ブリッジヘッド
原題:BLEED FOR THIS/2016年/アメリカ/英語/カラー/スコープサイズ/5.1ch/117分/日本語字幕:林完治
TOHOシネマズ・シャンテ他にて5月全国公開予定
公式サイト:http://vinny-movie.com

RELATED

『コメディ映画文化祭』が来週開催 | 長谷川町蔵、山崎まどかや徳利もトークショーに登壇

12/15(土)と12/16(日)の2日間に、東京・高円寺の座・高円寺2でAfter School Cinema Club + Gucchi ’s Free Schoolによる映画祭『傑作?珍作?大珍作!! コメディ映画文化祭』が開催される。 映画祭ではアフリカン・アメリカン版『アメリカン・グ...

本日88歳を迎えたジャン=リュック・ゴダールの最新作『イメージの本』が来年日本公開決定

本日88歳を迎えた巨匠ジャン=リュック・ゴダール監督の最新作『LE LIVRE D'IMAGE(英題:THE IMAGE BOOK)』の邦題が、『イメージの本』に決定し来年のゴールデンウィークにシネスイッチ銀座他で公開されることが発表となった。

クリント・イーストウッドが年老いたドラッグの運び屋を演じる監督・主演最新作『運び屋』の日本公開が決定

88歳にして今なお精力的に作品を世に出し続けているクリント・イーストウッド。『アメリカン・スナイパー』や『15時17分、パリ行き』などに続き、久しぶりの自身の監督・主演作となる『運び屋』(原題 : 『THE MULE』)の日本公開が来年3月に決定した。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。