鬼才アレハンドロ・ホドロフスキー監督、生きることを全肯定する最新作『エンドレス・ポエトリー』が日本公開決定

CULTURE  2017.03.07  FNMNL編集部

アレハンドロ・ホドロフスキーは2014年に23年ぶりの新作『リアリティのダンス』と、製作されなかった幻の超大作ホドロフスキー版「DUNE」の顛末を追ったドキュメンタリー『ホドロフスキーのDUNE』が公開、往年のファンだけでなく若者をも巻き込みブームを呼んだ。

今年88歳となる鬼才監督の最新作『エンドレス・ポエトリー』の日本公開が11/18(土)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク渋谷にて決定した。

3月6日(月)渋谷ユーロライブにてジャパンプレミアが行われ、クラウドファントの出資者と関係者で場内は満席。アレハンドロ・ホドロフスキー監督からのメッセージ動画に続き『エンドレス・ポエトリー』が日本初上映され、絶賛の声が相次いだ。

『エンドレス・ポエトリー』はホドロフスキー監督の自伝的作品『リアリティのダンス』の続編となるもので、舞台は故郷トコピージャから首都サンティアゴへ。様々な悩みや葛藤を抱えた青年時代のホドロフスキーが当時チリで出会った詩人、アーティスト、パフォーマーなど、アヴァンギャルドなカルチャー・シーンの人々との交流を、虚実入り交じったマジック・リアリズムの手法で描く。

エンドレス・ポエトリー
(c) Pascale Montandon-Jodorowsky

本作は、フランス、チリ、日本の共同製作。日本からはアップリンクが参加している。クラウドファンディングサイト「キックスターター」「インディゴーゴー」には世界中の新作を熱望する支援者約9,000人から日本円にして約9,000万円が集まった。

エンドレス・ポエトリー
(c) Pascale Montandon-Jodorowsky

公開決定に伴い、映画を応援してくれる日本の観客に向けてホドロフスキー監督のメッセージが到着、配信が開始された。

親愛なる皆さん

今日、この場に行けなくて非常に残念です。
「エンドレス・ポエトリー」の制作は、本当に途方もなく大変な仕事だったため、くたびれました。

しばらく旅は無理です。でも心は一緒にいます。

私は心から日本の文化を愛しています。
日本食も、日本の禅宗のことも。思うにきっと前世は日本人でした。

だからこそうれしいのです。
映画を作るために多くの方が助けてくれたことが。

それはまさに芸術的な表現方法です。
でも厳然たる現実を基礎としたものです。

映画の中でご覧になるすべての場所は、私が若いころに重要な経験をした場所です
同じ場所、同じ家、まったく同じです。起こった出来事もすべて。

思うに、アートは限界を持つべきじゃない。でも現実的な土台が必要なのです。

あなた方に感じる友情も現実のものです。

ありがとう

アレハンドロ・ホドロフスキー

Info

『エンドレス・ポエトリー』
(2016年/フランス、チリ、日本/128分/スペイン語)
監督・脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー
撮影:クリストファー・ドイル
出演:アダン・ホドロフスキー、パメラ・フローレス、ブロンティス・ホドロフスキー、レアンドロ・ターブ、イェレミアス・ハースコヴィッツ
編集:マリリン・モンシュー
ダビング:ジャン=ポール・フリエ
ダビング補:ベンヤミン・ビヨー
録音:サンディ・ノタチアニ、グアダリュプ・カシユス
音楽:アダン・ホドロフスキー
衣装:パスカル・モンタンドン=ホドロフスキー
プロダクションデザイン:アレハンドロ・ホドロフスキー
美術:パトリシオ・アギュラー、デニス・リア=ラティノフ
美術補:佐々木尚
エグゼクティング・プロデューサー:アレハンドロ・ホドロフスキー、モイセス・コシオ、アッバース・ノクハステ、浅井隆
プロデューサー:ハビエル・ゲレロ・ヤマモト
(c) Pascale Montandon-Jodorowsky

◆公式facebook http://bit.ly/EndlessPoetryFB
◆公式Twitter https://twitter.com/EndlessPoetryJP

2017年11月18日(土)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク渋谷ほか全国順次公開

MUSIC

FASHION

CULTURE