ドイツ在住71歳のストリートファッション好きのおじいちゃん

ストリートファッションのムーブメントの中心にいるのは、常に若年層だ。Supremeが再び全盛期を迎えているのも、ユースにしっかりと支持を受けているからだ。

しかしストリートファッションを支持しているのは彼らだけではない。ユース層の孫を持つ、おじいちゃんもストリートファッションを愛好しているのだ。

ドイツの都市マインツに住む、現在71歳のAlojz Abramさんの着こなしに注目が集まっている。

今年1月、孫のJannik DiefenbachさんがInstagramにAbramさんがSupremeのキャップをかぶり、Thrasherのフーディーを着た写真をアップしたところ、いまのムードをしっかりと反映した着こなしに大きな反響があった。

 


すでに仕事も退職している71歳のAbramさんがComplexのインタビューに登場、ストリートファッションとの出会いやその魅力について語っている。

Abramさんが初めてストリートファッションに興味を持ったのは1年前、写真を撮った孫のDiefenbachの服をみたときだったという。FacebookをやっているAbramは、そこでも孫の好きな服に興味を持つようになり、自らネットで検索をしだしたという。

 

Gramps is killing it again ?

Jannikさん(@jaadiee)がシェアした投稿 -

ストリートファッションに興味を持つ前も常に自分のファッションには気を使ってきたAbramさんが現在最もほしいアイテムはSupremeのフーディーで、「このインタビューをみたSupremeが送ってくれるだろう」とジョークを飛ばす。

Waiting for the summer ??

Jannikさん(@jaadiee)がシェアした投稿 -

大都市フランクフルトの近くに住んでいるとはいえ、マインツではストリートファッションは流行っておらず、ましてやAbramさんの年代には着ている人はいるはずもないが、全く気にしていない。「私の服はポップだから気に入ってるよ、人がすぐ気付いてくれる」と話すAbramは、孫のDiefenbachとSupremeやStussyといったブランドのルーツや、その服にこめられた意味について話すのが好きとも話している。

Gramps had to spice things up since wearing a scarf on your head is the new streetwear trend...apparently ??

Jannikさん(@jaadiee)がシェアした投稿 -

Abramさんはストリートファッションの気に入っているところは、軽さなどの機能性だと主張し、ブランドであるかどうかは関係ないという。「快適じゃなきゃいけない、それがSupremeのものだとしたらボーナスみたいなもんだね」と安易なブランド信仰には釘をさす。

お気に入りのアイテムはAdidasのトラックジャケットだと話すAbramさんは最後に一言「ずっと若くいろ」とメッセージを残している。

Abramさんのコーディネートは孫のDiefenbachさんのInstagramでチェックできる。

RELATED

Instagramがフォロワーを人為的に増やすアプリを遮断すると発表

SNSを日常的に利用している人は、「偽物のフォロワーを買っているのでは?」と思われるアカウントに遭遇したことが一度はあるだろう。TwitterやInstagramでは偽のフォロワーを買う行為が問題視されているが、今回Instagramが不正にフォロワーを増やすアプリをシャットダウンすると発表している。

Supremeがトランプ大統領による性的虐待の告発者に捧げるTシャツを発表

SupremeとフォトグラファーのRichard Princeが、トランプ大統領による性的虐待の被害に遭った18人の女性たちをフィーチャーしたTシャツを発表した。

Supremeにロゴをサンプリングされた養豚企業が自前のLOOKBOOKでレスポンス

先日大人気ブランドSupremeの今年の秋冬コレクションがローンチされた。東京の各ショップにも大行列ができるなど、相変わらずの人気を誇る同ブランドと、60年近くの歴史をほこる大手養豚企業Farmland Foodsとの間で、興味深いやりとりがされている。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。