オックスフォード英語辞典に「biatch」や「squad goals」などが新語として登録される

世界最大の英語辞書、オックスフォード英語辞典に登録される新語が発表、「biatch」や「squad goals」、「drunk text」などの言葉が登録されることになった。

「squad goals」はTaylor SwiftなどがInstagramで積極的に使用することで、広まった言葉で、理想の仲間といった意味を示す。Squadという単語はそれよりも前にGucci ManeのBrick SquadやFat Joeや故Big PunのTerror Squadなどのように、ヒップホップシーンのクルーを表すスラングで使用されていた。さらに元をたどれば軍事用語の「分隊」のことだ。

Brick Squad
Brick Squad
Squad Goals
squad goalsの例

「biatch」は「bitch」が訛った表現で、人気ドラマ『Breaking Bad』のキャラクターが使ったことで広まったが、こちらも元はToo ShortやSnoop Dogg、E-40などの西海岸のヒップホップレジェンドが曲の中で使用していた。Too Shortがこのスラングを作ったと主張しており、初めて使ったのは80年代の初頭だという。

 

このように、元々はヒップホップシーンで使われていたスラングが、ルーツとは違う形で広まりこのように辞書に登録される例は数多い。今年はどんなスラングが候補になるだろうか?

 

RELATED

「Juice」と「Sauce」という2つのスラングの違いをBest Buyの店員が見事に解説

1992年に公開された2Pacが主演したヒップホップ映画の金字塔『Juice』。タイトルにもなっている「Juice」とはストリートで生きて行くためには、得ることが必要とされている真の尊敬を意味する。「Juice」はシーンで生き残っていくために獲得しなければいけないものとされていた。

Lit、Skrr、Dab...2017年に使うと危険?5つの流行スラング

日本でも流行語大賞があるように、もちろんアメリカにもその年の流行語やスラングは存在する。でも流行りすぎると、すぐに使いたくなくなるというのが人情ってもの。今年使ったらちょっと危ないかも...という昨年の流行語を紹介していこう。でもこれは不名誉なことではない。全ては流行りすぎてしまったのが良くないのだから。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。