『ブレイキング・バッド』のブライアン・クランストンが伝説の麻薬捜査官を演じる映画『潜入者』公開決定

CULTURE  2017.02.22  FNMNL編集部

5/13から東京・渋谷のヒューマン トラストシネマ渋谷などで、映画『潜入者』が公開される。

原作は、アメリカの「麻薬戦争」史上最も大胆にして最も成果を上げたと言われる潜入捜査作戦に参加したロバート・メイザー本人による回顧録。およそ5年間に及ぶ危険な潜入捜査の実態を余すことなく書き記した本書は世界に衝撃を与えた。

主人公であるメイザーを演じたのは「ブレイキング・バッド」で4度のエミー賞に輝き、 『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』ではアカデミー主演男優賞にノミネートされるなど、遅咲きの大ブレイクを果たした名優ブライアン・クランストンだ。

潜入者

「ブレイキング・バッド」で麻薬王を演じたクランストンが、本作では麻薬組織を壊滅に追い込むべく正義感を燃やすベテラン捜査官を熱演。

また共演には『イングロリアス・バスターズ』のダイアン・クルーガーや、映画や舞台で幅広く活躍する 個性派俳優ジョン・レグイザモ、『ブリッジ・オブ・スパイ』のエイミー・ライアン、『月の輝く夜に』でオスカーを受賞したオリンピア・デュカキスなど超豪華キャストが集結した。

ブラッド・ファーマンがメガフォンを握った今作は実話だからこそ描けたリアルな潜入捜査の実態と極限の緊張感、そして長きに渡り神経をすり減らしながら戦い続けた男の生きざまが胸を熱くする、極上のクライム・サスペンスだ。

【あらすじ】 1980年代、史上最大規模とも言われる犯罪帝国を築いたコロンビアの麻薬王パブロ・エスコバル。当時アメリカに流入する ドラッグのほとんどが、彼の組織を経由したものだと言われていた。そんな事態を重く見たアメリカ政府は、エスコバルの息 の根を止めるため、大規模な潜入捜査作戦を計画する。それはベテラン捜査官のロバート・メイザーを架空の大富豪に仕立て あげ、その財力を持って組織に取り入り、内側から組織を崩壊させるという大胆不敵なものだったー。

Info

潜入者

■タイトル

『潜入者』

■公開

2017年5月13日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー

■コピーライト

(c)2016 Infiltrator Films Limited

【キャスト】
ブライアン・クランストン『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』
ダイアン・クルーガー『イングロリアス・バスターズ』、ジョン・レグイザモ『ジョン・ウィック』
エイミー・ライアン『ブリッジ・オブ・スパイ』、オリンピア・デュカキス『月の輝く夜に』
ベンジャミン・ブラット『ドクター・ストレンジ』、ユル・ヴァスケス『キャプテン・フィリップス』
エレナ・アナヤ『私が、生きる肌』
【スタッフ】
監督:ブラッド・ファーマン『リンカーン弁護士』『ランナーランナー』
脚本:エレン・シュー・ブラウン/撮影:ジョシュア・リース/編集:ルイス・カルバリャール、ジェフ・マカヴォイ
2015 年/イギリス/カラー/シネマスコープ/デジタル上映/ドルビーSRD/英語・スペイン語/127分 字幕翻訳:井上俊子/原題:THE INFILTRATOR/配給:クロックワークス
©2016 Infiltrator Films Limited
公式サイト:http://sennyusha.com/

MUSIC

FASHION

CULTURE