Beyoncé、Flying Lotus、Kendrick LamarなどのMVを手がけるKahlil JosephがKENZOとコラボした映像作品を公開

Beyoncéの『Lemonade』、Flying Lotus、Kendrick Lamar、FKA twigsなどの映像作品を手がけるKahlil JosephがKENZOととコラボレーションし、映像作品を『Music Is My Mistress』公開した。

ジェシー・ウィリアムズ、トレーシー・エリス・ロスといった俳優を起用。Shabazz Palaceとチェロ奏者のKelsey Luの音楽を用いた。Lelesey Luは俳優とパフォーマーとしてフィーチャーされている。

KENZOとコラボレーションしたこの映像作品は、音楽をユニークに用いた非直線的に物語が進む印象主義的な作品だ。

Kahlil JosephはSamphaの『Process』を題材としたショートフィルムを3月に公開予定。今年もこの作家に目が離せない。

RELATED

Offsetがアルバム『FATHER OF 4』でKendrick Lamarをゲストに迎えようとしていたことを明かす

先週金曜日にリリースされたOffset初のソロアルバム『FATHER OF 4』。プロデューサーにSouthsideとMetro Boominを迎え、J. ColeやGunna、Cardi B、Travis Scottなどをフィーチャーした豪華なメンバーの同作だが、OffsetはさらにKendrick Lamarが参加する楽曲を制作しようとしていたという。

Kendrick Lamarが97000曲ものビートをキープしていると関係者が語る

FNMNLでヒップホップのニュースをチェックしている方は、「曲がたくさんある」というボーストをラッパーが行なっている様子を目にしたことが一度はあるだろう。「15000曲をレコーディングした」というYoung Thugや「65000曲のストックがある」というAnderson .Paakの発言をこれまで紹介してきたが、今回はこの「いっぱいあるシリーズ」にKendrick lamarが加わった。

グラミー賞でのパフォーマンスをKendrick LamarやDrake、Childish Gambinoなどが相次いで断る

いよいよ現地時間の2月10日に迫るグラミー賞の授賞式だが、ヒップホップアーティストが相次いで授与式でのパフォーマンスのオファーを断っていると伝えられている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。