Stomzyの家に警察がドアを破壊して突入

来日公演を行い、MOBOアワードを受賞しているグライムMCのStormzyの家に警察が強制捜査を行ったと英紙ガーディアンが報道した。

Stormzyが強盗を行ったという通報を受けて警察はStormzyの家に急行し、鍵の掛かったドアを破り立ち入り調査。その通報は後に間違いであったことが判明した。

Stormzyは火曜日朝、ドアが破壊される音で目覚めた。破壊されたドアの画像をStromzyはツイートしている。

「クソ警察がドアを壊した音で起きた。どうも自分は自分の家に強盗に入った強盗ってわけだよ。ロンドン警視庁、銀行口座教えろよ」

ロンドン警視庁は「強盗が部屋にいる」との通報を受けて、Stormzyの部屋に立ち入ったが、それは間違いであったことが判明。

ロンドン警視庁は「もし本件について申し出があるならDMでお願いします。詳しく事情を聴きます」とStormzyに返答した。

Stormzyは「UKに住んでいる黒人で警察からのレイシズムを受けないって思うようなバカになるなよ。そんなナイーブな考えは捨てろ」とツイートした。

RELATED

Stormzyがケンブリッジ大学のアフリカ系学生が対象の奨学金を設立

UKの人気ラッパーStormzyが、ケンブリッジ大学の学生を対象に奨学金を設立したことが明らかになった。

Stormzyがライブでイギリス政府を批判

先週末にロンドンで行われたWireless Festival。様々なヒップホップアーティストがライブを行い、大きな盛り上がりをみせた。

Stormzyが若い作家が本を出版できるように出版レーベルを立ち上げる

グライムの代表的なアーティストの一人であるStormzyが、今回新たな出版のレーベルを立ち上げることを明かした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。