Kendrick LamarやSolangeがグラミー賞の結果を批判。YGは「Hood Grammy」賞の設立を示唆

MUSIC  2017.02.14  FNMNL編集部

59回目のグラミー賞は、初めてストリーミングだけで作品をリリースしているChance The Rapperが最優秀新人賞を獲得するなど、権威ある賞に新風が吹いた。

しかし授賞式の前にFrank Oceanがグラミー賞には文化的なバイアスがかかっていると批判していた通り、AdeleがBeyonceなどとの争いを制し、主要賞を独占。図らずもFrank Oceanの批判を体現する形になってしまった。

Adele自身はBeyonceの『Lemonade』こそが最優秀アルバムだとライバルを褒め称えているが、ブラックミュージックサイドからの批判がすでに巻き起こっている。

Beyonceの妹SolangeはFrank Oceanがグラミー賞を批判したTumblrのポストとともに同意を示すポストをTwitterに行った(すでに削除済み)。

さらに同じく削除済みのツイートでSolangeは過去20年間で最優秀アルバム賞を受賞した黒人アーティストは2人だけだと、グラミー賞の文化的バイアスについて言及し、グラミー賞の選考システムの問題についても批判を行った。(実際はLauryn Hill(1999)、Outkast(2004)、Ray Charles(2005)、Herbie Hancock(2008)の4人が最優秀アルバム賞を受賞している)

昨年自身がTaylor Swiftに最優秀アルバム賞争いで負けたKendrick Lamarは最優秀新人賞を獲得したChance The Rapperを祝福しつつも、Beyonceが最優秀アルバム賞を受賞できなかったことについては激怒しているとLamarのレーベルTDEのボスがツイートしている。

さらにラッパーのYGは別の賞(Hood Grammy賞)を立ち上げる必要があることをツイート、Snoop Doggに手伝って欲しいとツイートしている。

確かに音楽賞はセールスや人気とは切り離されて考えられるべきだし、受賞したAdeleの『25』に全く間違いはない。ただChance The Rapperの作品を候補作にするような時代にあった変革をグラミー賞が求められているのは間違いなさそうだ。

 

MUSIC

FASHION

CULTURE