Ena & Ryo Murakami インタビュー | ベルリンのフェスBerlin AtonalとサテライトイベントNew Assembly Tokyo

FEATURED  2017.02.11  FNMNL編集部

ドイツ・ベルリンにある発電所跡地のKraftwerk、そしてClub Tresor、OHMにて毎年夏に開催されているフェス「Berlin Atonal」が初のサテライト・イベント「New Assembly Tokyo」を2017年2月17〜19日の3日間、東京で開催する。

Berlin Atonalは1982年にベルリンでスタートし、1990年にベルリンの壁崩壊と共に休止していたが、2013年にKraftwerkに場所を移し復活。2013年以降毎年、エクスペリメンタル/エレクトロニック・ミュージックを革新的なプレゼンテーションで紹介し続けている。

DSC03841
Berlin Atonal 2015, Photography by Jun Yokoyama

昨年はエレクトロニック・ダンス・ミュージックのアムステルダムの「DEKMANTEL」フェスティバルやカナダの電子音楽とヴィジュアル・アートのフェス「MUTEK」などが日本に上陸。海外のフェスが日本でパーティを行うことも珍しくはなくなったが、Berlin Atonalとは一体どのようなフェスティバルなのだろうか?

今回のインタビューでは、Berlin Atonalに出演したENA(2015、2016年)とRyo Murakami(2015年)を迎えて、Berlin Atonalに出演した時のことを回顧してもらった。さらに、今回のBerlin AtonalのサテライトイベントNew Assembly Tokyoに出演する2人が抱く期待や正直な不安も包み隠さず話してくれた。Ryo MurakamiとEna + Rashad Beckerは2月19日(日)に渋谷Contactに出演にする。

Interview and Photograpy by Jun Yokoyama

---

私も撮影で参加させていただいた2015年のBerlin AtonalにRyo MurakamiさんとEnaさんは出演されていましたよね。まず、どのような形でブッキングは来たのですか?

DSC00201
Ena at Berlin Atonal 2015

Ena - 2人には別でブッキングの依頼が来ましたよね?

Ryo Murakami - Enaくんもメールだよね?

Ena - もともとBerlin Atonalをオーガナイズしているローレンスの仲間がオーガナイズしていたベルリンであったパーティに2013年にブッキングされました。

2010年くらい、自分が初めてベルリンに行った時からそのBerlin Atonalのオーガナイザーのローレンスのことは知ってたけど、その時はAtonalをやるやつってことは知らずに。本当に自然にパーティの周りにいる人って感じでした。

自分の場合は、2014年にセカンド・アルバム『Binaural』をリリースして、ヨーロッパでもその反応がよかったから、その流れっちゃ流れで2015年のBerlin Atonalに出演したって感じかな。

Ryoさんはどうですか?

DSC00194
Ryo Murakami at Berlin Atonal 2015

Ryo Murakami - おれは突然メールが来たんだよね。実はそのメールを見落としそうだった。(笑) いきなりGmailにメールが入ってきて。Berlin Atonalのことはまったく知らなかった。

Ena - だからRyoさんが出演するかどうか決める前に話をしましたよね?「これどんなフェスなんだろう」って。(笑)

お二人ともBerlin Atonalのことは良くご存知なかったんですか?

Ryo Murakami - Berlin Atonalの会場であるKraftwerkっていう会場のことは知ってました。カッコイイなって思って、ウェブサイトとかちらちら見てたんだけど。けど、ブッキングのメールが来た時は「Atonal、、、。知らんなぁ」って。(笑) で調べたら会場がそこだった。

DSC00864

Ena - 2015年の段階なんてBerlin Atonalに対してみんなそんな認識ですよね?

Ryo Murakami - 少なくともおれは知らなかったね。

いつぐらいにブッキングの連絡がくるんですか?

Ryo Murakami - 半年くらいだったかな。

Ena - おれもそれくらいだな。Ryoさんにはどうしてブッキングが来たとか聞いた?

Ryo Murakami - その話してないわ。理由は聞いていない。(笑)

Ryoさんも2015年の夏にアルバムをリリースしましたよね?

Ryo Murakami - けどアルバムは2013年だし。セカンドが出るちょうど前。Berlin Atonalに出演してヨーロッパにいる夏のタイミングでリリースしたんだよね。

Berlin Atonalって何のイベントなんですかね?自分もその現場にいたのですが、表現するのが難しくて。(笑) 行ったから、感じたことはたくさんあるんですけど、カテゴライズできないというか。

DSC01674
Berlin Atonal 2015, Photography by Jun Yokoyama

Ryo Murakami - Kraftwerkっていう場所もそうだけどブッキングはおもしろいよね。

何を感じましたか?他のフェスやイベントとはどう違いますか?

Ryo Murakami - そういう大きい所で、自分たちがメインステージで出演っていうのはなかなかないでしょう?2016年のBerlinl Atonalもそうだったと思うんだけど、メインステージでやるような人ではない人がメインでブッキングされてる。2015年のメインはFaustとかメインになりそうな人がメインでやってたよね。

 

Kraftwerkという大きな空間で出演するということで、特別な準備をして望みましたか?

Ena - 普段通りだけどね。おれは。音の面では。

Ryo Murakami - リハーサルを終えて、他の出演者の様子や会場の雰囲気を見て、音を変えたね。リズムを抜いてやったね。おれの感覚だとリズムを抜いたほうが映えるんじゃないかと思って。Kraftwerkの会場内は単純に反響するからね。

DSC01828
Berlin Atonal 2015, Photography by Jun Yokoyama

Ena - それは行ってからしか分からないことですよね。

Ryo Murakami - 想像しようにもできないし。サウンドチェックして、自分の前にやってたアーティストの人達のショーを見て、空気を感じて、考えを変えましたね。あの反響音はいいですよね。気持ちいいですよね。反響音が長いし。

ENA - 味方につけることができれば相当いいよね。

Ryo Murakami - きもちいよね。あそこまでガランしてると。

Ena - あれだけの建物ってのは、なかなかないですよね。

MUSIC

FASHION

CULTURE