空間現代が闘病中のECDとのライブアルバム『Live at Waseda 2010』をドネーションとして発表

MUSIC  2017.02.09  FNMNL編集部

京都に拠点を移して活動するバンド空間現代が、現在ガンで闘病を続けるECDを支援するためのドネーションアルバムを発売した。

このアルバムは2010年に早稲田大学の学園祭早稲田祭で行われたECDと空間現代のコラボライブ音源を収録している。

bandcampにてデータ販売を行うとともに、空間現代のライブ会場および空間現代が運営するライブハウス「外」にてCD-Rでも販売予定。制作費を除いた売上の全額をECDに寄付する。

当日のライブの一部の模様がYoutubeにアップされている。

 

Info

ECD

アーティスト:ECD+空間現代
アルバム・タイトル:『Live at Waseda 2010』

価格:1,000円(税込)
発売日:2017年2月8日
フォーマット:bandcampにてデータ販売、今後ライブ会場にてCDRでも販売を予定

1. トニー・モンタナ + 関係ねーっ! × 通過
2. I Can't Go For That + Born To スルー × 痛い
3. ECDECADE + 天国ROCK × まだ今日
4. Rock In My Pocket + 地球ゴマ × 少し違う

○収録日
2010年11月7日(日)
《早稲田祭Live》
会場:早稲田大学早稲田キャンパス7号館218教室
企画者 小林伸太郎/録音 住野貴秋/PA 宋基文

○マスタリング:noguchi taoru
○ジャケットデザイン:古谷野慶輔

MUSIC

FASHION

CULTURE