Thrasherがロゴを盗用したアイテムをリリースしたForever 21に激怒

Thrasher Magazineといえば創刊から30年以上経った今でも、シーンの最前線に立ち続ける、スケートカルチャーの代弁者だ。

編集長のJake Phelpsは以前あるインタビューでスケートファッションを取り入れるセレブに怒りを表明するなど、インディペンデントな姿勢を貫いてきた。

しかし現在スケーター・ファッションはトレンドになっており、中でもRihannaやJustin Bieberなどがロゴアイテムを着用したことで、Thrasherのアイテムは高い人気を集めている。 そんな状況のなかForever 21があるアイテムをリリースし波紋を呼んでいる。

Forever 21はこれまでもKanye Westのアーティストグッズに酷似するアイテムなどをリリースしてきたが、今回はThrasherのロゴのフォントを使用した「Happiness」と書かれたウインドブレーカーをリリースした。 Thrasher ThrasherもSupremeと同じくこのフォントの商標権を持っていないため、法的には問題ないとはいえ、セレブがアイテムを着用したことに拒否感を示したThrasherだけに、今回も単純明快なリアクションをInstagramで見せてくれた。

FUCK OFF @forever21 ??

THRASHER MAGAZINEさん(@thrashermag)が投稿した写真 -

Instagramで今回のアイテム画像のスクリーンショットを貼り、一言「FXXK OFF @forever21」と、カルチャーにリスペクトのないコピー商品を切り捨てた。 ウェブショップなどで販売されていたこのウインドブレーカーは現在Forever 21のオンラインショップから購入することができなくなっている。

RELATED

Reebok CLASSICからVHSMAGとT19とのコラボカプセルコレクションが登場

Reebok CLASSICから、ウェブスケートメディアVHSMAGと、東京の伝説的なスケートチームT19とのトリプルコラボによるカプセルコレクションをリリースする。 90年代前半からスケートカルチャーと密接に関わってきたReebok、特に80年代に生まれたメンズ用のフィットネスシューズ「WO...

アメリカの伝説的なスケーターたちによる展覧会『LOVE + GUTS』が日本で初開催中

アメリカのレジェンドスケーター達によるアートショー『LOVE + GUTS(ラブアンドガッツ)』が、昨日から東京・原宿の16(Sixteen)で開催中だ。

川崎のスケートショップGOLDFISHが毎年恒例のムービー『PARKCHECK』を公開

磯部涼の『ルポ川崎』にも登場する、川崎のスケートショップGOLDFISHが、年末に公開している恒例のセッションムービー『PARKCHECK』を公開した。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。