娼婦・楽園・植民地、タイを舞台にした空族の最新作『バンコクナイツ』

CULTURE  2017.02.01  FNMNL編集部

『サウダーヂ』などで知られる映画制作集団、空族の富田克也監督の最新作『バンコクナイツ』が2/25よりテアトル新宿で公開される。

『バンコクナイツ』は娼婦・楽園・植民地をテーマに、タイ人娼婦と日本人客による桃源郷を取りもどすための旅を描く。

タイ、バンコクの日本人専門の歓楽街タニヤに日々通う、日本人と彼らを誘うタイ人の女性たちの間の艶かしい交流を、タニヤ嬢のラックと元自衛隊員のオザワを軸に展開していく。

バンコクナイツ
©Bangkok Nites Partners 2016
バンコクナイツ
©Bangkok Nites Partners 2016
バンコクナイツ
©Bangkok Nites Partners 2016

タニヤ通りの人気店、人魚でNO.1のラックは元恋人オザワと5年ぶりに再会を果たす。金のないオザワはかつての上官、現在バンコクで店を営む富岡に、ラオスでの不動産調査を依頼され、バンコクを逃れるように、国境へ、そしてラックの生まれ故郷であるノンカーイへと向かうことになる。

バンコクナイツ
©Bangkok Nites Partners 2016
バンコクナイツ
©Bangkok Nites Partners 2016
バンコクナイツ
©Bangkok Nites Partners 2016

今回空族はミュージックビデオの制作などでおなじみの、映像制作ユニット スタジオ石をカメラに迎え、バンコク、イサーン(タイ東北地方)、そして秘境ラオスへの、総移動距離4000kmを優に超える撮影に挑んだ。

『バンコクナイツ』はイサーンの伝統音楽モーラム、ルクトゥーン、 プア・チーウィット...数々のイサーンミュージック、抵抗の音楽と言い換えることのできる、それらの音楽にのせて空族がお贈りする アジア版「千夜一夜物語」― だ。

 

Info

『バンコクナイツ』
2017年2月25日(土)テアトル新宿ほか反撃のロードショー開始! 全国順次公開​
監督:富田克也/脚本:相澤虎之助、富田克也/撮影・照明:スタジオ石(向山正洋、古屋卓麿)/録音:山﨑巌、YOUNG-G/DJs:SOI48、YOUNG-G/ラインプロデユーサー:長瀬伸輔/助監督:河上健太郎/VFX:定岡雅人/スチール:山口貴裕/コ・プロデューサー:大野敦子、筒井龍平、フィリップ・アヴリル、アピチャ・サランチョン、ドゥアンメニー・ソリパナン、マチエ・ドゥー/アソシエイト・プロデューサー:小山内照太郎/宣伝:岩井秀世、佐々木瑠郁

製作:空族、FLYING PILLOW FILMS、トリクスタ、LES FILMS DE L’ÉTRANGER、BANGKOK PLANNING、LAO ART MEDIA

キャスト:スベンジャ・ポンコン、スナン・プーウィセット、チュティパー・ポンピアン、タンヤラット・コンプー、サリンヤー・ヨンサワット、伊藤仁、川瀬陽太、田我流、富田克也

2016年/日本・フランス・タイ・ラオス/182 分/DCP/配給:空族
www.bangkok-nites.asia/
©Bangkok Nites Partners 2016

MUSIC

FASHION

CULTURE