スーパーボウルのハーフタイムショーの出演者をLady GagaからMigosやGucci Maneに変更するよう求める署名がスタート

毎年誰がスーパーボウルのハーフタイムショーでパフォーマンスをするかについては、アメリカのエンタメ界では大きな話題になる。今年はすでにLady Gagaが単独で出演することがすでに発表されたが、それを覆しMigosやGucci Mane、Ludacrisなどのサウスのヒップホップシーンの人気者を出演させようという署名が話題を呼んでいる。

署名サイトchange.orgで開催されている、この署名だが発案者はなぜこの署名をスタートさせたかについてこう説明している。

「とてもシンプルだ。アトランタ・ファルコンズがスーパーボウルに出場し、スーパーボウルはヒューストンで開催される。ヒップホップ的にヤバすぎる2つの地域が一緒になるんだ。だからショーのチョイスも今すぐ変えなければならない」

確かにヒューストンとアトランタはサウスのヒップホップシーンを支えてきた2大都市であり、スーパーボウルでこういった偶然が起こるのも珍しいだろう。

発案者は続けて「試合前のショーはRae Sremmurd、Gucci Mane、Goodie Mob、Ludacris、Jeezyがパフォーマンスし、Young Thugがアトランタのアンセムとして"Guwop Home"を披露する必要がある」と具体的な提案に入る。

「Andre 3000がErykah Baduと一緒に国歌斉唱をおこなう。2人が歌うことで炎のような64小節にわたるトランプへの攻撃となる。そしてハーフタイムショーではMigosやFuture、Outkast、Bun BとJay Z」が登場するプランを発案者は練っている。

もちろんいくら署名が集まったからといって、今から出演者が変更される可能性はかなり薄いが、この発案者のアイディアに多くの賛同者が集まっていて、当初は15,000人の目標でスタートしたが、早々に突破し現在55,000筆を超える署名が集まっている。

この署名はこちらからおこなうことができる。

RELATED

アメフトの大学チャンピオンチームにチェーン店のハンバーガーを振る舞ったトランプ大統領をQuavoが批判

昨日アメリカンフットボールの全国選手権のチャンピオン、クレムソン大学のメンバーがホワイトハウスにトランプ大統領を表敬訪問した。

CoachellaのオーガナイザーがラインナップにあるGucci GangはGucci Maneの間違いではないと主張

先日、発表された今年のCoachellaのラインナップ。ヘッドライナーのChildish Gambino、Tame Impala、Ariana Grandeをはじめ、そうそうたる名前が連なっており、今から非常に開催が楽しみだが、リストにある名前の1つがちょっとした話題になっているようだ。

21 SavageがLayzie BoneのMigosへのディス曲を批判

先日、「史上最高のグループ」を自称したMigosに噛みつき、ディス曲までも発表したLayzie Bone。その曲の中でMigosとともにディスを向けられた21 Savageが自身のInstagramライヴにて「ワックだ」と曲を一蹴している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。