スーパーボウルのハーフタイムショーの出演者をLady GagaからMigosやGucci Maneに変更するよう求める署名がスタート

MUSIC  2017.01.31  FNMNL編集部

毎年誰がスーパーボウルのハーフタイムショーでパフォーマンスをするかについては、アメリカのエンタメ界では大きな話題になる。今年はすでにLady Gagaが単独で出演することがすでに発表されたが、それを覆しMigosやGucci Mane、Ludacrisなどのサウスのヒップホップシーンの人気者を出演させようという署名が話題を呼んでいる。

署名サイトchange.orgで開催されている、この署名だが発案者はなぜこの署名をスタートさせたかについてこう説明している。

「とてもシンプルだ。アトランタ・ファルコンズがスーパーボウルに出場し、スーパーボウルはヒューストンで開催される。ヒップホップ的にヤバすぎる2つの地域が一緒になるんだ。だからショーのチョイスも今すぐ変えなければならない」

確かにヒューストンとアトランタはサウスのヒップホップシーンを支えてきた2大都市であり、スーパーボウルでこういった偶然が起こるのも珍しいだろう。

発案者は続けて「試合前のショーはRae Sremmurd、Gucci Mane、Goodie Mob、Ludacris、Jeezyがパフォーマンスし、Young Thugがアトランタのアンセムとして"Guwop Home"を披露する必要がある」と具体的な提案に入る。

「Andre 3000がErykah Baduと一緒に国歌斉唱をおこなう。2人が歌うことで炎のような64小節にわたるトランプへの攻撃となる。そしてハーフタイムショーではMigosやFuture、Outkast、Bun BとJay Z」が登場するプランを発案者は練っている。

もちろんいくら署名が集まったからといって、今から出演者が変更される可能性はかなり薄いが、この発案者のアイディアに多くの賛同者が集まっていて、当初は15,000人の目標でスタートしたが、早々に突破し現在55,000筆を超える署名が集まっている。

この署名はこちらからおこなうことができる。

MUSIC

FASHION

CULTURE