Kanye West、Drake、Justin Bieberはグラミー賞にノミネートされながらも授賞式に参加しない可能性

Kanye West、Drake、Justin Bieberが今年のグラミー賞授賞式に参加しない意向であることがTMZの報道で判明した。Frank Oceanはすでに『Blonde』、『Endless』をノミネートさせないことを発表している。

昨年Frank Oceanは「その組織はもうすでにノスタルジックな価値しかない」とNew York Timesでのインタビューで語った。

Best Rap Albumを含む6つの賞にノミネートされているKanye Westは、昨年「グラミーの賞システムは全然違うし、もう遠くに行ってしまっているよ」と昨年2月にツイートしている。「Futureがグラミーでパフォーマンスしたか? Futureは去年の夏クラブを一人いじめしてたぞ。グラミーで"March Madness"を聴いたか???」とも発言。

Kanye Westは昨年10月に、もしFrank Oceanがノミネートされなかったら、グラミー受賞式に参加しないと言っている。

アルバム『Purpose』がAlbum of the Yearにノミネートされるなど4つの賞にノミネートされているJustin Beiberも「若いシンガーにとってグラミー賞は重要ではないから、週末はどこか他のところにいる」と発言しているとTMZは伝えている。

Drakeは他のアーティストと違う理由でグラミーを欠席するようだ。彼は現在ヨーロッパをツアーで周っている。

ノミネートされているアーティストは果たしてグラミー賞会場にサプライズで現れるのだろうか?注目のグラミー賞は現地時間2/12に開催される。

RELATED

Kanye WestがTwitterでDrakeへの不満をぶちまける

Kanye WestとDrakeといえば、ともに楽曲を制作する間柄でありながら、ビーフとまではいかないまでも、度々お互いをディスするなど長きにわたり複雑な関係性が続いていることは有名な話だ。だが、今回はそうはいかないかもしれない。Kanyeが自身のTwitterでDrakeへの不満をぶちまけたのだ。

Kanye Westがスケボーのトリックを学ぶ

音楽だけではなくファッションやアート、そしてこれは無知をさらすことになってしまったが政治とKanye Westの好奇心は尽きないようだ。

Meek MillがDrakeによるディス曲“Back to Back”のビートでフリースタイル

長きに渡ったDrakeとのビーフを解消し、先週リリースした最新作『Championships』も話題となり絶好調のMeek Mill。そんな彼がHot 97の人気ラジオ番組「FUNK FLEX」に出演し、Drakeによる2015年のディス曲“Back to Back”のビートでフリースタイルを披露した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。